2018年04月24日

2018.04.24 巨人3-1中日

2回、平田のホームランで中日が先制。しかしその裏、立岡、そしてピッチャーの山口俊が自らタイムリーを打ち、巨人が逆転に成功する。4回には押し出し四球で巨人が1点を追加。その後は山口が雨の中でも好投を続け、最後まで投げ抜いてゲームセット。2連戦の初戦は巨人が制し、4連勝となった。

先発の山口俊は9回1失点。投げては2試合連続完投、打っては決勝タイムリーと大活躍だった。しかし、FAで来たときは確かにこれくらいやってくれるという期待はあったけど、昨年あんなとんでもないことをして、今年これだけやるとは思っていなかった。正直まだ信じられないが、これからも真摯に頑張ってほしい。

打線は下位打線でチャンスを作った。今日のトピックは首位打者小林爆誕だろう。開幕からずっと好調を維持してきたが、大城と併用されていたため規定打席に届いていなかった。今日4打席立ったことで規定に達し、.375で2位のアルモンテ(.354)に差をつけてのトップに立った。今日は打順が7番に上がり、2安打で期待に応えた。さすがにこの好調がずっと続くとは思わないが、開幕から1ヶ月経とうというこの時期に小林が首位打者、なんていうのが見られるとは感慨深い。いざとなれば大城だって十分スタメンでできるので、好調な今は行けるところまで小林で行ってほしい。

明日は前橋で同じく中日戦。先発は巨人が吉川、中日が大野。今季まだ勝ち星のない吉川。3試合中2試合は5回も投げ切れていない。このところ先発が長いイニングを投げていて中継ぎに余裕があるので、明日は後のことは考えず最初から全力で行ってもいいと思う。対する大野は、明日が今季初登板初先発。二軍では4試合投げて自責がわずか1、防御率は0.36とさすがの成績を残しているが、一軍ではどうか。明日も首位打者・小林に期待したい。

タグ:巨人 野球 中日
posted by K at 23:35 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする