2018年04月30日

2018.04.30 巨人11-1ヤクルト

2回、小林の2点タイムリーで巨人が先制。3回にはゲレーロ、亀井のタイムリーで2点を追加する。4回、バレンティンのホームランでヤクルトが1点を返すが、5回、ゲレーロのホームラン、長野の押し出し四球、小林、坂本の2点タイムリー、さらにこの回2打席目のゲレーロのタイムリーで一挙7点を追加。2試合連続で2ケタ得点を挙げた巨人が6年ぶりの8連勝。このカードは3連勝となった。

先発の野上は7回1失点。大量援護もあり、連打を許さずソロホームランの1点に抑えた。野上はこれで3勝目。開幕から1ヶ月経ったが、ここまでは期待に見事にこたえている。田口が一向に良くならない中、野上と山口が頑張っているのが今の状況につながっていると思う。

大量リードがついた8回には上原が登板し、1イニングを完璧に抑えた。なかなかいいタイミングがなく、4月15日以来の登板となってしまったが、ここからもう一度勝ちパターンで起用できるように頑張ってほしい。

打線は今日も爆発。先発野手全員安打で16安打11得点。とくに坂本は4打数4安打で打率を一気に上げ、小林や中日のアルモンテを抜いて打率トップに立った。坂本は1番に入ってから好調で、坂本が出塁し、同じく好調なクリーンナップが返すといういい循環ができている。さらに下位の亀井や小林も調子がいいため、穴がない。これだけみんなが調子がいいことはそうそうないと思うので、今のうちに打てるだけ打って、勝てるだけ勝っておきたい。

明日からはマツダスタジアムで広島との3連戦。広島は現在セリーグ首位。そして巨人は8連勝で2ゲーム差の2位まで上がってきており、首位攻防戦ということになる。勢い的には勝ち越しを狙いたいが、まずは確実に1勝したい。

明日の先発は巨人が山口俊、広島が中村祐太。2試合連続完投勝利と絶好調の山口。山口の好投に触発されたのか、その後菅野や野上も好投を見せている。広島戦は今季初登板となるが、広島も抑えられるか。対する中村も好調で、今季ここまで2戦2勝。防御率は1.76となっている。好調な投手相手に好調な打線がどう対応するか。

posted by K at 21:39 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする