2018年07月21日

平成30年名古屋場所 14日目○栃煌山

14日目 ○御嶽海(寄り切り)栃煌山●

立ち合いは互角。左四つの形となる。おたがいに左下手を取っていたが、栃煌山が右上手を取ろうとしたところで御嶽海が巻き替えて右を差し、そこから一気に寄って行って寄り切り。これにより、千秋楽を待たずして御嶽海の初優勝が決まった。

まず今日の一番を振り返ると、四つというのは狙った形ではなかったと思う。たぶんもろ差しを狙いに行ったんだと思うが、その形にはならなかった。しかし、速さと攻めの姿勢、今場所勝ってきた要因であるこの2つが今日も出た。相手に攻められるよりも先に右も差し、そこから一気に攻めて勝負を決めた。今場所のいいところが出た相撲だったと思う。

場所が始まる前は、御嶽海が優勝するとは思っていなかった。初日から休場していたのは稀勢の里だけだったし、2場所連続優勝中の鶴竜や新大関の栃ノ心、もしくは今年初優勝を狙う白鵬の誰かが優勝という予想が大半で、両大関が争いに絡めるかどうかという感じだったと思う。それが白鵬が休場し、鶴竜が休場し、さらに栃ノ心までが休場して、そのあたりで流れが変わってきた。6日目が終わった時点で単独トップに立ったが、その後も勝ち続けて三役で初めて2ケタ勝利を達成。そこからは本格的に優勝も意識したと思うが、勝ったことのない魁聖を破り、高安には敗れたものの、大関豪栄道も破った。そしておそらく経験したことのないプレッシャーの中で今日栃煌山に勝利し、優勝を果たした。一貫して自分の相撲が取れていたと思う。負けた高安戦も含めてよく体が動いていて、その分相手よりも速く攻めていたのがこの優勝につながった。もともと名古屋は相性のいい場所で、3年前は新十両優勝。2年前は初の上位総当たりで負け越したが、大関戦で初勝利。そして昨年は2ケタ勝利こそならなかったものの、勝利したことのなかった稀勢の里と白鵬に勝利していた。地元にいちばん近いこの名古屋場所で優勝できたというのは本人にとっても良かったと思う。

関脇以下の力士の優勝は初場所の栃ノ心以来。日本人力士の優勝は昨年春場所の稀勢の里以来。出羽海部屋の力士の優勝は、昭和55年初場所に全勝優勝を果たした横綱・三重ノ海以来38年ぶり。そして長野県出身力士の優勝は、1909年に優勝制度ができて以来初めて。史上最強力士といわれる雷電が優勝に相当する成績を最後に残した時からは208年ぶりらしい。もちろん、3横綱1大関がいないというのは大きかった。御嶽海は休場した4人には負け越しているし、4人が万全であればこうはいかなかったかもしれない。しかし1つだけ確かなのは、今場所いちばん強かったのは御嶽海だったということだ。

優勝という1つの頂点に立った御嶽海だが、これがゴールではない。御嶽海はまだ関脇で、番付にはまだ上がある。そして上を目指すには、明日、さらに来場所の相撲が非常に大事になってくる。難しいかもしれないが、もう一度気を引き締めてあと1日頑張ってほしい。

千秋楽の相手は豊山。逸ノ城との関脇同士の対戦は組まれず、取組が発表された時点ではまだ優勝の可能性を残していた豊山との対戦となった。過去の対戦は1勝0敗で、先場所、押し出しで勝利している。豊山は初の上位挑戦となった先場所、2勝13敗と大きく負け越し、今場所は西9枚目。7日目までは4勝3敗だったが、そこから連勝を重ね、今日は結びの一番で大関・高安を破り、ここまで11勝3敗。来場所は再び上位に上がってくるだろう。先場所は勝ったが、豊山も内容は良かった。今場所の調子の良さを考えても簡単な相手ではない。しかし、来場所以降を少しでも楽にするために、なにより優勝の場所を良い形で終わらせるために、勝って締めたい。


過去の対戦
30夏 ○御嶽海(押し出し)豊山●

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 21:05 | Comment(2) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

平成30年名古屋場所 13日目○豪栄道

13日目 ○御嶽海(送り出し)豪栄道●

最初の立ち合いで豪栄道が待ったをし、2度目の立ち合い。踏み込んだのは豪栄道で、当たって御嶽海の体を起こすと左で前まわしをつかむ。しかし御嶽海がそれを払い、左上手を取って出し投げを打つと、豪栄道の後ろにつく。御嶽海はそこを押して、送り出し。連敗はせずに12勝目を挙げ、ついに初優勝に王手をかけた。

最初の立ち合いで豪栄道が待ったをしたときはちょっと嫌な流れだなと思ったし、実際2度目の立ち合いは豪栄道のほうが良かった。しかし御嶽海はそこからが速かった。うまくかわして相手の後ろにつき、最後も焦らず冷静に押し出した。昨日の負けも引きずらず、しっかり勝てた。

残り2日で星2つの差。明日、御嶽海が勝てば、その瞬間に御嶽海の初優勝が決まる。いよいよここまで来た。敗れても決まる可能性はあるが、やはりここは自分で勝って決めてほしい。

明日の相手は栃煌山。過去の対戦は5勝1敗で、直近の対戦である昨年九州場所は押し出しで御嶽海が勝利した。栃煌山はこのところ上位で取れなくなってきており、今場所は東13枚目。ここまでは9勝4敗と好調だが、今日敗れたため優勝の可能性はなくなった。御嶽海にとっては同じ出羽海一門の先輩であり、本場所以外でも何度も対戦している相手だ。相性はいい。明日、決めてほしい。


過去の対戦
28夏 ○御嶽海(寄り切り)栃煌山●
28九 ○御嶽海(寄り切り)栃煌山●
29春 ○御嶽海(引き落とし)栃煌山●
29名 ●御嶽海(寄り切り)栃煌山○
29秋 ○御嶽海(押し出し)栃煌山●
29九 ○御嶽海(押し出し)栃煌山●


御嶽海が勝利したことで、4敗力士の優勝の可能性は完全に消滅。3敗だった豪栄道と栃煌山が敗れて脱落となった。

1敗 御嶽海
3敗 豊山、朝乃山

優勝の可能性があるのはもうこの3人のみである。明日、御嶽海が栃煌山に勝てばその時点で優勝。敗れた場合でも、豊山と朝乃山がともに敗れると御嶽海の優勝が決まる。豊山は高安と、朝乃山は遠藤と対戦する。明日決まるか、千秋楽までもつれるのか。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 22:53 | Comment(2) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NGT48メンバーを語るR その12.太野彩香

前回から2年、今もう一度メンバーを語る、「NGT48メンバーを語るR(リターンズ)」。

第12回は、本日7月20日に21歳の誕生日を迎えた、アヤカニこと太野彩香について。

2年前の記事はこちら

続きを読む
posted by K at 22:27 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

2018.07.18 巨人5-3阪神

初回、満塁から陽の走者一掃のタイムリー2ベースにより、巨人が3点を先制する。その後は両チームの投手がランナーを出しながらも抑え、7回まで3-0が続く。そして8回、またも陽の2点タイムリーが出て、巨人が5点差とする。阪神は9回、糸原の内野ゴロの間に1点、さらに代打原口の2点タイムリーが出て、2点差まで追い上げる。しかし最後は3連投(オールスターを挟んで7試合連続登板)となったマシソンが抑えゲームセット。巨人は7連勝で貯金を2とした。

先発のメルセデスは7回無失点。ランナーを出しつつも得点を許さず、前回を上回る7回を投げ切った。12イニング投げていまだ無失点。これはヤングマンとメルセデスはしばらく外せないか。

9回までで5点差がつき、これはマシソンを休ませられるかと思ったのだが、谷岡がつかまり結局マシソンを使ってしまった。こういうところで無失点ならばアピールになるのに、打たれてしまうからなかなか信用されない。移動日があるとはいえ、今の時期にこれだけマシソンを使ってしまうと終盤が心配だ。せめて澤村が復調すればだいぶマシになるのだが。

打線は陽が全打点をたたき出した。陽は好不調の波が激しくて上位だとなかなか使いづらい(この日も5試合ぶりのヒットだった)が、打つときはめちゃくちゃ打つので、これがそのきっかけになればいいと思う。

金曜日からはマツダスタジアムで広島との3連戦。5ゲーム差があるので3連勝しても順位は変わらないが、一応首位攻防戦となる。巨人は優勝するならば最低でも2勝1敗が必要になる。坂本がいないため打線のパワーダウンは否めないが、ダブルエースをつぎ込むのでその2人に頑張ってもらいたい。

明日の先発は巨人が山口俊、広島が野村。山口は広島戦に今季2試合投げて1勝1敗、防御率3.29。初対戦では6失点したが、2度目の対戦では完封勝利を挙げた。明日は中8日で臨むので、1人で投げ切るくらいの気持ちでいってほしい。対する野村とは今季3度目の対戦。過去2試合は1勝1敗、防御率4.50。前回は7回無失点と抑えられた。野村も中12日と休養は十分だが、山口のためにも、少なくとも3点は取りたいところだ。

タグ:巨人 野球 阪神
posted by K at 21:55 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成30年名古屋場所 12日目●高安

12日目 ●御嶽海(突き落とし)高安○

立ち合い、高安はかち上げに来るが、御嶽海はこれをしっかり耐え、右上手を取って頭をつける。高安がじりじりと左を差そうとしたところで御嶽海が出し投げを打つと、高安はくるっと一回転。ここを勝負と見た御嶽海は一気に攻めるが、高安が土俵際で突き落とし。軍配は御嶽海に上がったものの、物言いがついて協議の結果、行事軍配差し違えで高安の勝ち。御嶽海は連勝が止まり、今場所初黒星となった。

これは正直納得がいかない。録画したものを何度も見返したが、高安の左足のつま先は御嶽海の足が出るより先に土俵の外についているように見える。だから悪くても取り直しだと思っていたし、あれを高安の勝ちで終わらせてしまったのは本当にこの一番だけを見て出した結論なのだろうかと疑ってしまう。御嶽海も今日は高安を理想的に攻めていたので、あそこで焦らずにもう少し落ち着いていければもっと確実な決着になったとは思うが、どうしてももやもやする。

ただ、御嶽海にはこれを引きずってほしくない。結果だけ見れば黒星だが、内容では確実に高安を上回っていた。優勝が近づいてプレッシャーがかかる中でも、相撲は決して固くなっていない。だからこそ、今日の黒星に惑わされず、残り3日も今の相撲を取り続けてほしい。そうすればきっと結果はついてくるはずだ。

明日の相手は大関・豪栄道。過去の対戦は3勝6敗で、直近の対戦である春場所は浴びせ倒しで御嶽海が勝利している。先場所途中休場で今場所かど番となった豪栄道は、7日目までで4勝3敗という不安定な前半戦だったが、中日以降は連勝を続け、ここまで9勝3敗。御嶽海が今日敗れたことで、優勝の可能性をまだ残している。過去に3勝はしているが、豪栄道戦はあんまり良いイメージがない。それでも今場所の御嶽海ならばという期待はある。3横綱1大関が休場する中で優勝するのであれば、1人は大関を倒したいという気持ちもあるだろう。ただそれを意識しすぎることのないようにしてほしい。


過去の対戦
28名 ●御嶽海(上手出し投げ)豪栄道○
28九 ●御嶽海(寄り切り)豪栄道○
29初 ○御嶽海(寄り切り)豪栄道●
29夏 ●御嶽海(下手投げ)豪栄道○
29名 ●御嶽海(押し出し)豪栄道○
29秋 ●御嶽海(寄り切り)豪栄道○
29九 ○御嶽海(叩き込み)豪栄道●
30初 ●御嶽海(寄り切り)豪栄道○
30春 ○御嶽海(浴びせ倒し)豪栄道●


前述のように御嶽海が初黒星。しかし、2敗で追っていた栃煌山、朝乃山もともに敗れたため、御嶽海と後続の差は星2つで変わらず。優勝争いは以下のように変わった。

1敗 御嶽海
3敗 豪栄道、豊山、栃煌山、朝乃山

明日は御嶽海と豪栄道が直接対決。さらに豊山と栃煌山も直接対決となり、どちらかは確実に3敗に残るため、明日の優勝決定はない。御嶽海は平幕との対戦が最低でもあと一番残っているが、おそらく3敗で残っている誰かと当てられるのではないかと思われる。番付でいくといちばん近いのは豊山だが、さてどうなるか。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 21:03 | Comment(2) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする