2018年07月03日

2018.07.03 巨人6-5DeNA

4回、柴田の2ランホームランでDeNAが先制。6回、坂本の2ランホームランで巨人が同点とする。直後の7回、桑原、ソトのタイムリーでDeNAが2点を勝ち越すが、その裏、陽の2点タイムリーで同点、さらに宇佐美の2点タイムリーで巨人が勝ち越す。8回、佐野の内野ゴロの間にDeNAが1点を返し、なおも巨人・澤村が危険球で退場となるなどチャンスが続いたが、ここで登板したマシソンが9回まで4者連続三振のパーフェクトリリーフを見せてゲームセット。巨人が接戦を制し、3連勝とした。

先発の鍬原は6回2失点。炎上した前回から立て直した。今日も4四球はあったが、それを失点につなげなかった。ただ一発を打たれるのは変わらずで、これは引き続きの課題だ。しかし今日も7奪三振。ここまで登板した5試合すべてで、イニングを上回る奪三振を記録している。全部違うチームだし、この三振を取る力は間違いなく本物だ。

今日はマシソンが見事だった。8回に登板した澤村が1点差に迫られ、さらに危険球で退場。急遽8回から登板となった中で4者連続三振の圧巻のピッチングを見せた。マシソンはここまで24試合の登板で、すでにチームが半分以上の試合を消化していることを考えるとこれは少なめ。これは菅野と山口が完投しまくっていたり、打線が好調だったときは大差の試合が多かったり、単純に負け試合だったりで登板の機会自体が少なかったからだが、ここまであまり使ってこなかったのが今後に活きてくればいいなと思う。

打線は5回まで相手先発のバリオスにパーフェクトに抑えられていたが、6回以降に逆転した。宇佐美が決勝点となるタイムリーを打った。今季は大城が活躍している(今日もスタメンでヒットを打った)が、宇佐美もここから巻き返してほしい。2人が活躍することで小林ももう一度打撃好調になってくれれば、さらに良くなるんだけど。

明日の先発は巨人が田口、DeNAがウィーランド。菅野と山口を中5日で回すんだと思っていたのだが、ローテーション通りに田口で来た。1つ勝てば流れも変わってくると思うので、明日はとにかく結果を出してほしい。対するウィーランドとは今季3度目の対戦。過去2試合は1勝1敗、防御率3.38。腰の張りで登録抹消されており、明日が6月12日以来の一軍登板となる。抹消される前はまずまず安定したピッチングを見せていたが、明日はどうなるか。そろそろ田口に勝ち星をつけたいので序盤からリードしたい。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 23:51 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする