2018年07月07日

2018.07.07 巨人2-5広島

4回、鈴木のホームランで広島が先制。5回には丸のホームランで1点、さらに8回にも丸のホームランで1点を追加する。巨人はその裏、坂本のタイムリーで1点を返すが、9回、西川、會澤の連続ホームランで広島が2点を追加。巨人はその裏に大城の内野ゴロの間に1点を返すが、反撃はここまで。広島が勝利し、このカードは1勝1敗となった。

先発の内海は6回2失点。広島打線をソロホームラン2本に抑えたが、今日はその2点も重かった。ただ、広島相手にもしっかり試合を作れることが分かったので、今後にも非常に期待が持てる。

打線は野村に歯が立たなかった。それでも、勝ちパターンの中継ぎから点を奪えたのは明日につながるか。

明日の先発は巨人が今村、広島が岡田。2週間ぶりの1軍登板となる今村。広島戦は今季初登板。代え時をしっかり見極めれば好投できるはずなので、首脳陣の決断も大事。対する岡田とは今季3度目の対戦。過去の2試合は岡田から見て2勝0敗、防御率3.00。明日も厳しい相手だが、これ以上負け越しを増やしたくはない。なんとしても勝ちたい。

タグ:巨人 野球 広島
posted by K at 22:06 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成30年名古屋場所 初日、2日目の取組が決定

明日初日を迎える名古屋場所の初日、2日目の取組が発表され、西関脇の御嶽海は初日に阿炎、2日目に勢との対戦が組まれた。

初日の阿炎とは過去1勝0敗。先場所初顔合わせとなり、押し倒しで勝利した。阿炎は先場所が初めての上位総当たりだったが、初対戦だった白鵬を破り、さらに翌日には豪栄道も破るなど、7勝8敗と負け越しながらも健闘した。今場所は東3枚目となっている。先場所は冷静に退けたが、阿炎が白鵬や豪栄道に勝ったのはその後であり、今場所は自信もつけて臨んでくることだろう。それでも冷静に対応したい。

過去の対戦
30夏 ○御嶽海(押し倒し)阿炎●

2日目の勢とは過去5勝0敗ともっとも得意にしている相手の1人。先場所も突き落としで勝利した。最初の2日間は平幕との対戦となるので、ここは連勝しておきたいところだ。


出場するかが注目された稀勢の里は今場所も休場。横綱としてはワーストとなる、8場所連続休場となった。もう記録も更新しちゃったことだし、納得するまで、もしくは出ないなら引退しろと言われるまで休めばいいと思うが、これだけ土俵から離れてしまうと、勝負勘を戻すのもかなり大変だろうと思う。

初日は、2場所連続優勝中の鶴竜は松鳳山と、白鵬は玉鷲と、新大関の栃ノ心は勢と、かど番の両大関は豪栄道が正代と、高安が琴奨菊と、それぞれ組まれた。
タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 11:01 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする