2018年07月12日

平成30年名古屋場所 4日目○玉鷲

4日目 ○御嶽海(押し出し)玉鷲●

立ち合い、御嶽海は玉鷲よりも低く当たり、玉鷲を押し込む。玉鷲はのど輪で突き放そうとするが、御嶽海は右を差し、回り込もうとする玉鷲を一気に寄って行って最後は押し出し。御嶽海が完勝で4連勝とした。

玉鷲戦は対戦成績では圧倒しているが、一番一番の内容を見ると際どいこともあるのだが、今回は内容も圧倒した。威力という点では御嶽海を上回る玉鷲に一度も押し込まれることなく、一方的に攻めていった。危ない場面もなく、落ち着いていた。

5日目の相手は松鳳山。過去の対戦は4勝4敗(幕内では4勝3敗)で、先場所は押し出しで御嶽海が勝利した。松鳳山は先場所東2枚目で8勝7敗と勝ち越し、今場所は西小結。上位戦が続いているためここまでは1勝3敗だが、自分の形になる相撲も多く、決して調子が悪いわけではない。中に入られると非常にまずい。突き放していくか、逆にこっちが中に入れれば勝機が出てくる。


過去の対戦
27秋 ●御嶽海(掬い投げ)松鳳山○ ※十両
27九 ●御嶽海(上手投げ)松鳳山○
28夏 ●御嶽海(寄り切り)松鳳山○
28名 ○御嶽海(寄り切り)松鳳山●
29春 ○御嶽海(押し出し)松鳳山●
29秋 ○御嶽海(引き落とし)松鳳山●
30春 ●御嶽海(寄り倒し)松鳳山○
30夏 ○御嶽海(押し出し)松鳳山●


4日目は大荒れで、まず初日から3連勝していた白鵬が休場。支度部屋で痛めたとのことだが、びっくりした。さらに、代わりに結びの一番を務めた鶴竜が勢に敗れ初黒星。3連勝していた平幕も全員敗れたため、4日目にして全勝は新大関の栃ノ心と御嶽海の2人だけとなった。まあ鶴竜はここからついていくと思うが、優勝争いは混沌としそうだ。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 10:34 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NGT48 3rdシングル個別握手会の第18次応募受付がスタート

NGT48の3rdシングル「春はどこから来るのか?」。その個別握手会の第18次応募受付がスタートした。

フォーチュンミュージックのページ(購入には会員登録が必要)
https://fortunemusic.jp/ngt48_201804/

第18次応募受付は7月11日の14:00から7月12日の14:00まで。買える枚数は1回の申し込みにつき、1人15種類まで、1種あたり20枚まで(最大300枚まで)。最大5回まで申し込みが可能。

まだ買える2日間の日程のうち、第17次までで完売した部は以下の通り。

7月28日:長岡
荻野由佳…5部
西潟茉莉奈…全部(1,2,3,4,5部)
本間日陽…全部(1,2,3,4,5部)
山口真帆…3部
中村歩加…2,3,4,5部
奈良未遥…3部
西村菜那子…全部(3,4部)
宮島亜弥…全部(1,2,3,4,5部)

8月18日:名古屋
荻野由佳…4部
小熊倫実…2部
西潟茉莉奈…2,3,4部
本間日陽…全部(1,2,3,4部)


第17次で新たに完売した部は以下の通り。

7月28日:長岡
山口真帆…3部
中村歩加…2部
奈良未遥…3部
西村菜那子…3部

8月18日:名古屋
小熊倫実…2部


今回で長岡の握手会の受付が最後となる。長岡はなんだかんだでそれなりに完売も出たかな。

また、9月26日に4thシングルが出ることも発表された。これまで通りだと、だいたい発売の5〜6週前から個別握手会の受付が始まるので、ちょうど3rdの握手会がすべて終わったあたりからになるだろうか。4thからはドラフト生や2期生も本格的に参加すると思われるので、その前に3rdの握手会で1度体験しておくというのもありだろう。

posted by K at 02:00 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018.07.11 巨人7-3ヤクルト

初回、マギーの2ランホームランで巨人が先制。しかしその裏、バレンティンのタイムリー、川端の内野ゴロの間にヤクルトが2点を挙げ、すぐさま同点とする。3回、マギーのタイムリー、亀井の2ランホームランで巨人が3点を勝ち越し。5回には押し出し四球で1点を追加する。ヤクルトは6回、藤井のタイムリーで1点を返すが、直後の7回、亀井の今日2本目のホームランで巨人がもう1点を追加。このリードを守り切った巨人が4連勝。このカード3連勝とした。ヤクルトは8連敗となった。

先発の山口俊は6回2失点。先制した直後に追いつかれたときはどうなるかと思ったが、その後は立ち直って6回まで投げた。もう1イニングくらい投げてくれればなおよかったが、これからオールスターブレイクに入って中継ぎも多少休めるのでまあ大丈夫か。山口はここまで107イニング投げており、イニングを食うという最大の役割は十二分に果たしている。後半戦もこの調子で投げてほしい。

打線はルーキーの大下を序盤で引きずりおろした。亀井が2ホームラン、マギーもホームランでともに3打点。マギーはこの3連戦全試合でホームラン、8打点の大活躍を見せた。坂本が好調を維持して、マギーと亀井も好調、岡本も復調気配ということで、上位打線は迫力が出てきたか。あとは坂本とクリーンナップをつなぐ2番がうまくはまればさらに良くなるだろう。吉川、陽、田中などいろいろ試しているが、後半戦はこの3人でもそれ以外でもいいので、2番を任せられる選手に出てきてほしい。

これで前半戦が終了。巨人は82試合を消化して40勝41敗1分で2位となった。首位の広島とは6ゲーム差。セリーグは2位以下が5割以下という異常な状況になっている(逆にパリーグは5位まで5割以上)。巨人としては、まずは借金状態から抜け出し、広島を追っていきたい。そのためにはなんといっても広島との直接対決の成績をもっと良くしたいところだ。

後半戦は来週月曜日から再開され、巨人は甲子園での阪神戦からスタートする。その前の金・土にはオールスターが行われ、巨人からは上原、菅野、小林、岡本、坂本の5人が出場する。5人は休みもなくて大変だが、岡本なんかは初めてだし、楽しんでほしい。

posted by K at 01:43 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする