2018年07月24日

2018.07.24 巨人2-5ヤクルト

3回、山田の2ランホームランでヤクルトが先制。4回には中村のホームランで1点を追加する。巨人は6回、岡本のタイムリーで1点を返し、さらに陽のタイムリーで2人がホームに帰ってきて同点かと思われたが、リクエストで判定が覆り、同点のランナーだった岡本がアウトになって同点とはならず。すると直後の7回、山田のタイムリーでヤクルトが1点を追加。さらに8回に西浦のホームランでもう1点を追加したヤクルトが、カードの初戦を制した。

先発の内海は5回3失点。10安打浴びて3点なのでこれでも粘っているほうだとは思うが、やはり打たれすぎた。1試合で3失点したのは今季初で、今回がたまたまであればいいが、調子が落ちてきたのであれば心配。とりあえず次回まで様子見か。

中継ぎでは、シーズン当初はローテーションに入っていた野上、吉川が登板し、それぞれ1失点。2人とも、中継ぎで結果を残してもう一度先発のチャンスをもらう感じだと思うのだが、その中継ぎで失点していてはなあ…。

打線は苦手小川の前にまたも打てず。今日は同点のチャンスを逃したのが痛かった。陽のヒットで2人が帰って、一度はセーフと判定されたがリクエストで覆った。岡本を回した判断もちょっと微妙だったかなと思うし、岡本のスライディングももうちょっと上手くやればセーフになったかもしれないのでもったいなかった。

明日の先発は巨人がヤングマン、ヤクルトがブキャナン。ここまで3戦3勝のヤングマンが4連勝に挑む。ヤクルト戦は前回、6回2失点で勝っている。チームの連敗を止めるピッチングを見せてほしい。対するブキャナンとは今季4度目の対戦。過去3試合はブキャナンから見て1勝2敗、防御率3.15。前回は5回5失点と打ち崩した。ただその前の2試合はほとんど打てていなかったので、明日も簡単ではないだろう。

posted by K at 23:48 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする