2018年10月04日

2018.10.01 巨人5-8ヤクルト 2018.10.04 巨人4-0広島

1日 2回、大引の2ランホームランでヤクルトが先制。4回、再び大引のホームランと坂口のタイムリーでヤクルトが2点を追加。さらに5回には雄平の3ランホームランが出て、ヤクルトが7点をリードする。巨人は7回に阿部のホームランで1点、8回に坂本のホームランと阿部の内野ゴロの間に2点を返すが、その裏、川端のタイムリーでヤクルトが1点を追加する。9回、亀井のホームランと坂本のタイムリーで巨人が2点を返すが、反撃はここまで。巨人は痛い1敗となった。

4日 5回、岡本のタイムリーで巨人が先制。続く6回には菅野のセーフティースクイズが決まり1点を追加。さらに8回には阿部、長野の2者連続ホームランで2点を追加する。2試合連続完封中の菅野は今日もアクセル全開。広島打線を単発の4安打に抑え、3試合連続の完封。巨人が広島に勝利し、CSに向けて前進した。


先発は、1日の吉川が4回4失点、4日の菅野が9回無失点。吉川はCSに向けて不安になるが、菅野は素晴らしいピッチングだった。これで10度目の完投、8度目の完封、15勝目、さらに200イニングと200奪三振も達成した。これで沢村賞の基準をすべて満たしたことになる。沢村賞はほぼ間違いないか。最優秀防御率と最多奪三振も確実で、あとは大瀬良と並んでいる最多勝がどうなるか。広島の最終戦で大瀬良が登板すると思われるのでその結果次第になりそうだ。巨人もあと1試合残っているが、その試合が絶対に勝たなければいけない試合ならば、中4日あるので菅野が投げる可能性もありそうだ。

打線は1日は5点、4日は4点。タイムリーもホームランも出ている。阿部は2試合連続ホームランで、18年連続2ケタホームランを達成。さらに通算400号に王手をかけた。阿部は来季もやるとは思うが、どうせなら今季中に達成してほしい。

阪神の3位の可能性が消滅し、3位争いは巨人とDeNAの一騎打ちに。巨人が残り1試合で3位に立ち、残り4試合のDeNAが1ゲーム差で追う形になった。ヤクルト戦で負けた時は厳しいと思ったが、DeNAもヤクルトに連敗。最後の試合で巨人が勝った場合、DeNAは全勝が必要で、巨人が敗れた場合、DeNAは3勝1敗以上で3位となる。つまりDeNAは2敗するとアウトで、巨人が有利な状況になった。巨人の最終戦は9日で、その前にDeNAは2試合あるので、巨人は最終戦前にCSが決まる可能性もある。ただ、巨人としてはとにかく最終戦を勝つことに集中すべきだと思う。

最終戦の相手は阪神。阪神は終盤まで3位を争っていたが、ここにきて4連敗し、3位の可能性が完全に消滅。さらに現時点で最下位となっている。巨人の先発は、順当ならば阪神に24イニング投げてまだ1点も取られていないメルセデスだろう。その後の試合状況次第では菅野への継投もあるかも、といった感じではないだろうか。CSに進むにせよ進まないにせよ、レギュラーシーズン最終戦は勝って締めたい。

posted by K at 22:50 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NGT48「世界の人へ」2日目の売り上げは1.0万枚、オリコンデイリー2位

10月3日付のオリコンデイリーCDシングルランキングが発表され、NGT48の4thシングル「世界の人へ」が2日連続で2位にランクイン。2日目の売り上げは1.0万枚だった。

オリコンのページ
https://www.oricon.co.jp/rank/js/d/2018-10-03/

前作の2日目が0.9万枚だったのでおよそ1000枚増。初日ほどの上昇幅ではないが、確実に前作より売れているということでよかった。やっぱり前作は総選挙前というのが大きかったのかな。

また、ビルボードのほうでも水曜日までの集計が発表され、こちらは15.1万枚で2位となっている。前作は水曜日までで10.2万枚だったので、こっちでも前作を大きく上回っている。

ビルボードのページ
http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/68430/2



posted by K at 22:02 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NGT48 4thシングル個別握手会の第6次応募受付がスタート

NGT48の4thシングル「世界の人へ」。その個別握手会の第6次応募受付がスタートした。

フォーチュンミュージックのページ(購入には会員登録が必要)
https://fortunemusic.jp/ngt48_a_201809/


第6次応募受付は10月3日の14:00から10月4日の14:00まで。買える枚数は1回の申し込みにつき、1人15種類まで、1種あたり10枚まで(最大150枚まで)。最大10回まで申し込みが可能。

まだ買える3日間の日程のうち、第5次までで完売した部は以下の通り。

10月28日:名古屋
清司麗菜…全部(1部)

11月4日:幕張
荻野由佳…全部(1,2,3,4,5部)
西潟茉莉奈…2,3,4,5部
本間日陽…2,3部
山口真帆…3部

12月22日:東京
荻野由佳…1,3,4,5部
柏木由紀…全部(1,2,3,4,5部)
太野彩香…全部(4部)
西潟茉莉奈…全部(1,2,3,4,5部)
小熊倫実…3部
本間日陽…3,4,5部
山口真帆…3部


第5次で新たに完売した部

10月28日:名古屋
清司麗菜…1部

11月4日:幕張
荻野由佳…1,2部
西潟茉莉奈…2,4部
本間日陽…3部
山口真帆…3部

12月22日:東京
荻野由佳…1,4部
太野彩香…4部
西潟茉莉奈…1,2部
小熊倫実…3部
本間日陽…3,4部


おぎゆか、がたねぇ、ひなたん、まほほんに加え、れいにゃー、アヤカニ、つぐみんといったところにも完売が出た。名古屋と幕張はもうすぐ締め切りになると思われる。

posted by K at 09:12 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

巨人・高橋由伸監督が辞任

巨人の高橋由伸監督が今季限りで辞任することが発表された。

1年目が71勝69敗3分で2位、2年目が72勝68敗3分で4位、今年はまだ終わっていないが、ここまで65勝71敗5分で現在3位。まだCSの可能性は残っているが、この3年間で一度も優勝することができなかった責任を取るということになる。

この3年間、結果が出るどころかチーム成績が下がっているので、誰かが責任を取らなければいけないし、それが監督であるのも自然なことなんだけど、一方でスター選手だった由伸監督が、選手を辞める時も、監督を辞める時ももやっとした感じになってしまったのがとても悲しい。いまさらだけど、やっぱり選手として自分が納得いくまでやらせてあげたかったし、監督になったからには1回優勝させてあげたかった。そのどちらも達成できないままこういう形になってしまったのが悲しい。今回に関しては本人の意思なので尊重するけど。

後任の監督については、オーナーは「経験実績は必要」と言っているので、由伸監督のときのようにたとえば阿部を引退させて即監督ということはおそらくないと思う、というか絶対にしないでほしい。選手としてやり切って、コーチとして経験を積んで、そして監督ときちんとしたステップを踏むべきだ。となると誰がやるかだが、個人的にはそもそも生え抜きにこだわっているのが違うと思うのだが、生え抜きが絶対条件ならば村田コーチ、斎藤コーチあたりが有力候補になるだろうか。本来はこの2人も責任を取る立場だし、そもそもこの2人を監督にするなら由伸を引退させる必要もなかったんだけど、でもほかに生え抜きが浮かばない。この2人でなければ原さんか堀内さんがもう1回やるしかない。

とにかく、あと2試合は残っている。せめてこの2試合は勝ってほしい。勝ってもCSに進めるかはわからないが、選手たちは死ぬ気で戦ってほしい。最後くらい勝って、いい形で監督を送り出してほしいと思う。

posted by K at 00:07 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする