2019年02月13日

AKB48 55thシングルタイトルは「ジワるDAYS」

3月13日に発売されるAKB48のニューシングルのタイトルが「ジワるDAYS」であることが発表された。また併せて、カップリング曲の歌唱メンバーも発表された。


共通カップリング(指原莉乃卒業楽曲):指原莉乃

Type-Aカップリング(AKB48カップリング選抜):浅井七海、太田奈緒、大西桃香、小田えりな、加藤玲奈、行天優莉奈、久保怜音、倉野尾成美、込山榛香、佐藤栞、鈴木くるみ、田口愛佳、谷川聖、谷口めぐ、西川怜、前田彩佳、武藤十夢、村山彩希、山田菜々美、横山結衣

Type-Bカップリング(坂道AKB):梅澤美波、梅山恋和、大園桃子、岡部麟、小栗有以、加藤史帆、久保史緒里、小池美波、小坂菜緒、小林由依、齊藤京子、坂口渚沙、佐々木美玲、下尾みう、菅井友香、鈴本美愉、瀧野由美子、田中美久、土生瑞穂、福岡聖菜、矢作萌夏、山内瑞葵、山下美月、与田祐希、渡邉美穂

Type-Cカップリング(IZ4648):梅澤美波、岡田奈々、小栗有以、柏木由紀、クォン・ウンビ、小池美波、小林由依、齋藤飛鳥、指原莉乃、白石麻衣、菅井友香、須田亜香里、チャン・ウォニョン(センター)、チョ・ユリ、長濱ねる、西野七瀬、土生瑞穂、堀未央奈、本田仁美、宮脇咲良(センター)、矢吹奈子、山下美月、横山由依、渡邉理佐

劇場盤カップリング(新ユニット(仮)楽曲):石田千穂、梅山恋和、小熊倫実、久保怜音、末永桜花、矢作萌夏、渡部愛加里


「ジワるDAYS」ってまたすごいタイトルだな…。この曲名とさしこセンターっていうのから考えるに、とりあえずダンス曲ではなさそう。割と横道なアイドル曲になるのだろうか。

カップリングのメンバーは、まずさしこ卒業曲はソロに。ゆかりのメンバーを集めてやるのかとも思ったが、よく考えたらゆかりのメンバーはもうほとんど卒業しちゃってるか…。

Type-Aは姉妹グループなし、AKBメンバーのみのアンダーガールズ的な立ち位置か。れなっちとか十夢もいるので若手だけというわけでもない。
Type-Bはこの時期恒例の坂道AKB。選抜が25人で、AKB側が10人、坂道側が15人。坂道はつい先日改名を発表したけやき坂46改め日向坂46を含めた3グループから各5人となっている。欅坂は1期生だが、他のところは若手中心(乃木坂は3期生だけで固めているなど)となっている。
Type-Cは昨年のFNS歌謡祭で披露された「必然性」を収録した。メンバーも変わらず。なお、集まるのが難しかったのか、この曲はMVはない。
劇場盤は各グループの次世代エース的メンバーを1人ずつ(AKBのみ2人)選抜した新ユニットの曲に。坂道AKBにはSKEとNGTのメンバーはいないが、こちらにはちゃんと入っている。

発売まで1か月なので、そろそろ曲も解禁になるものと思われる。

posted by K at 01:16 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月04日

AKB48 55thシングル選抜メンバーが発表

3月13日発売予定のAKB48の55thシングルの選抜メンバーが発表された。

AKB48 55thシングル選抜メンバー
岡田奈々、岡部麟、小栗有以、柏木由紀、坂口渚沙、下尾みう、高橋朱里、向井地美音、矢作萌夏(初選抜)、山内瑞葵、横山由依(以上AKB48)、菅原茉椰、須田亜香里、松井珠理奈(以上SKE48)、白間美瑠、吉田朱里(以上NMB48)、指原莉乃(センター)、田中美久、松岡はな(以上HKT48)、荻野由佳、中井りか(以上NGT48)、瀧野由美子(STU48)


以上22人。兼任を除いたグループごとの内訳は、AKBが11(うちチーム8が4)、SKEが3、NMBが2、HKTが3、NGTが2、STUが1。

センターは指原莉乃。すでに卒業を発表しているさしこにとって、AKBでのセンターは「#好きなんだ」以来で、総選挙選抜曲以外での表題曲センターは最初で最後となる。今作がラストなのはわかっていたが、今まで総選挙以外でセンターをやっていなかったし、姉妹グループのメンバーが卒業するときにAKBのセンターをやったこともなかったので、何となく今回もないのだろうと思っていたからちょっと驚いた。ただ、さや姉とか玲奈とかと違うのは元々はAKBだったというところで、その辺も理由としてあると思う。あとは卒業までにHKTのシングルが出ない可能性があるとかだろうか。

初選抜は矢作萌夏1人。人気・実力・勢い、どれをとっても申し分ない。まあ間違いなく入るだろうと思っていたし、なんならいきなりセンターをやらせるんじゃないかと思っていたが、さすがにいきなりそこまで背負わせることはしなかったか。でも次のシングルは順当なら総選挙の投票権付きシングルになって、ある意味何をやっても売れるので冒険もできる。次のシングルのセンターの最有力候補だと思っている。

その他のメンバーは、どちらかというと入ったメンバーより落ちたメンバーのほうに驚きが多い。そもそも今回は22人選抜で、総選挙選抜を除くと「ハイテンション」以来の少人数というのもあるが、選抜常連だったれなっち、こじまこ(卒業するのもあるだろうが)や定着し始めていたこみはる、ゆいりーといったところが選ばれていない。また姉妹グループでもSKE小畑優奈、NMB山本彩加といった期待の若手メンバーが入っていない。ちなみに今書いた6人は前作「NO WAY MAN」でも入っていない。前作は『PRODUCE 48』の結果が反映された、ある意味特殊な選抜だと思っていたのだが、選抜枠の減少によって弾き出されたままになってしまった感じか。

ちなみに今回、一部収録内容も発表されているが、どうやら全部合わせて収録曲は6曲で、これは最近のAKBのシングルとしては少ない。しかも1曲は昨年の『FNS歌謡祭』で披露された曲「必然性」なので新曲は5曲となる。今年は年始恒例だったアルバムもなかったが、忙しいのだろうか…。

posted by K at 22:56 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする