2019年03月31日

2019.03.31 巨人6-3広島

初回、鈴木のタイムリーで広島が先制。しかし直後の2回、ゲレーロの2ランホームランで巨人が逆転する。3回、鈴木の犠牲フライで広島が同点とするが、5回、丸のタイムリーで巨人が再び勝ち越し。8回、小窪のダブルプレーの間に広島が再度同点とするが、9回、吉川尚の2点タイムリーと坂本のタイムリーで巨人が3点を勝ち越し。このリードを守り切り、開幕3連戦は巨人が勝ち越した。

先発の畠は6回途中2失点。6安打2四死球と出塁は多く許したが、粘りのピッチングを見せた。勝ちはつかなかったが、期待していた役割は果たしたと思う。

打線はゲレーロがチーム初ホームラン。そして好調が続く吉川が決勝タイムリーを打った。丸にも初安打・初打点が出たし、この3連戦でレギュラー組はほとんどヒットが出たので、今後に向けてもいいスタートだったと言えるだろう。

昨年、1年間でわずか2勝しかできなかったマツダスタジアムで勝ち越し。良いスタートが切れた。この数年、広島に独走されてきたのは巨人(だけではないけど)が広島に大きく負け越してきたのが大きな理由の1つだった。今後も互角に戦えるようになれば、優勝も見えてくるはずだ。

火曜日からは、東京ドームで阪神との3連戦。昨年リーグ最下位だった阪神だが、開幕3連戦はヤクルト相手に勝ち越し。攻撃では3試合で4点しかとっていないが、ヤクルト打線を3試合で3点に抑えた。こっちの先発はメルセデス、山口、あとはルーキーの高橋か。今季初の東京ドーム、しっかり勝ち越したい。
タグ:広島 野球 巨人
posted by K at 23:59 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

2019.03.30 巨人5-2広島

4回、ゲレーロの2点タイムリーで巨人が先制。しかしその裏、鈴木のホームランで広島が1点を返す。6回、またもゲレーロの2点タイムリーで巨人が突き放すが、7回、曾澤の内野ゴロの間に広島が1点を返す。9回、岡本の内野ゴロの間に巨人が1点を追加。このリードを守り切った巨人が今季初勝利を挙げた。

先発のヤングマンは6回1失点。鈴木のソロホームランのみに抑え、チームを初勝利に導いた。外国人枠があるものの、このピッチングだと外したくはない。今日は抑えで出てきたクックやゲレーロも結果を残しており、この3人にメルセデスを加えた4人でしばらくは行くんじゃないだろうか。

打線は6番以降を入れ替え。ゲレーロ、中島、炭谷が初スタメンとなり、ゲレーロが3安打4打点と大活躍した。ただこのへんは、昨日スタメンだった亀井、田中俊太、小林(または大城)との併用という形になっていきそう。結果を残し続けて固定されるようになれるか。また、昨日4三振だった丸は今日もノーヒットだったものの、3四球を選んだ。まあいずれ絶対に打つだろうから、出塁ができていれば大丈夫だろう。

明日の先発は巨人が畠、広島が九里。昨年は腰痛で一軍初登板は9月と大きく出遅れ、先発登板はなかった。今季は1年通しての活躍に期待。対する九里は昨年は8勝。巨人戦では2試合に投げて1勝0敗だった。大の苦手であるマツダスタジアムで勝ち越せればこの上ないスタートとなるが、今日のように投打かみ合った試合にできるか。

タグ:広島 野球 巨人
posted by K at 23:03 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

2019.03.29 巨人0-5広島

3回、安部のホームランで広島が先制。その後は両チームランナーを出しながらも、巨人・菅野、広島・大瀬良の両エースの前に得点が奪えない。しかし菅野がマウンドを降りた8回、野間の内野安打に巨人の守備のミスが重なって2点、さらに曾澤の2点タイムリーが出て、広島が4点を取り突き放す。巨人は9回に満塁のチャンスを作ったがそこでも点を取れずゲームセット。今年の開幕戦は広島が勝利し、巨人は完封負けとなった。

先発の菅野は7回1失点。奪三振が3、与四球も3ということで、いつもの菅野を考えれば調子は微妙だったかもしれないが、結果はソロホームランの1失点のみに抑えており、全然悪くない。開幕戦、エースとしての役割はしっかり果たしたと思う。

中継ぎは今季非常に期待されている大江、それから宮國が出てきたが、2人で4失点と散々な結果になった。エラーが絡んだのもあったが、これで勝負が決まってしまった。とはいえ、大江にはやっぱり期待したいので、今日の経験を糧に頑張ってほしい。

打線は広島を上回る8安打を打ちながら無得点。1番に入った吉川尚が3安打と孤軍奮闘した(ただし吉川も守備でエラーしている)が、後のバッターが返せなかった。特に3番に入った丸は4打席4三振とまったくいいところなし。ヒットが出ない日は今後もたくさんあるだろうし、三振が多いバッターだというのも理解しているが、にしても年に1回あるかないかの4三振を開幕戦でやるとは…。ちなみに昨年も4三振は1度あったが、その試合では1度四球を選んでおり、4打席4三振は1度もなかった。今日の分も明日、あさって打ってほしい。

明日の先発は巨人がヤングマン、広島が床田。昨年は4試合に登板し、3勝1敗、防御率2.77だったヤングマン。先発陣の新たな柱になれるかと期待された矢先にケガで離脱するという不運なシーズンだった。今季はぜひ1年を通して活躍してほしい。昨年は広島戦では投げておらず、明日が初登板となる。対する床田はプロ3年目。1年目に巨人戦で初勝利を挙げたが、その後トミー・ジョン手術を受け、昨年の8月に実戦復帰。一軍登板は2年ぶりとなる。オープン戦では17イニングを投げて防御率1.59と好成績を残した。巨人としてはまず3タテだけは避けたいので、明日は勝っておきたいところだ。そのためには打線の奮起が不可欠。

タグ:野球 巨人 広島
posted by K at 22:49 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

平成31年春場所 8日目〜千秋楽の結果

すでに結構経ってしまったが、8日目以降の結果。

8日目 ●御嶽海(寄り切り)魁聖○
9日目 ●御嶽海(寄り切り)白鵬○
10日目 ○御嶽海(押し出し)遠藤●
11日目 ○御嶽海(押し出し)大栄翔●
12日目 ●御嶽海(寄り切り)妙義龍○
13日目 ●御嶽海(叩き込み)逸ノ城○
14日目 ○御嶽海(寄り切り)千代大龍●
千秋楽 ○御嶽海(押し出し)錦木●

5日目から連敗が続いていた御嶽海は魁聖、白鵬にも敗れ5連敗。遠藤、大栄翔には勝って盛り返したものの、先場所敗れた妙義龍、優勝争いをしていた逸ノ城に連敗し、負け越し。その後は千代大龍、錦木を力強い相撲で下し、7勝8敗で場所を終えた。

序盤は鶴竜や貴景勝に勝つなど非常に良い感じで、勝ち越しは十分いけるだろうと思っていたので、負け越しは残念だった。相撲の内容にはケガの影響は感じられなかったが、15日間戦うスタミナとか、稽古で培われるであろう勝負勘とかの点がいつもよりはなかったのかなと思う。

ただ良かったのは、ケガが悪化しなかったこと。最後まで取り続けられたのは良かった。今どんな状態なのかわからないけど、とにかく来場所までにまずは万全の状態にして、次はしっかり稽古を積んで臨んでほしい。

小結で7勝8敗なので、来場所は平幕に落ちても仕方がないところだが、今場所は横綱・大関陣が皆勤かつ調子が良かったために平幕上位が軒並み負け越しており、単純計算で三役相当の星を挙げているのは逸ノ城と碧山のみ。一方で三役陣は玉鷲と北勝富士も負け越しており、御嶽海は2人よりは上に来るので、来場所も小結に残る可能性がある。西8枚目で11勝の琴奨菊との比較となり、単純に勝ち越し分、負け越し分だけ番付を移動させた場合は御嶽海のほうが上に来るのだが、どちらを評価するか。残ってほしいところだが…。


春場所の優勝は白鵬だった。危ない相撲もあったものの、全勝で平成最後の場所を締めくくった。千秋楽の一番では腕を痛めたような様子もあり、来場所どうなるかは不透明だが、まだまだ第一人者は健在だということを示した。その白鵬と最後まで優勝争いをしたのは逸ノ城。両横綱との対戦はなかったが、3大関と対戦しながらも1敗を守り、最終的に14勝の好成績を残した。来場所は関脇に復帰することがほぼ確実で、もし来場所も10勝以上するようならば今場所が大関取りの起点とみなされる可能性もある。この勢いが続くか。

そして今場所最大の注目点だったであろう貴景勝は、千秋楽に栃ノ心を破って10勝目を挙げ、3場所合計34勝となり、本日、めでたく大関昇進を果たした。9勝だとおそらく見送りだっただろうという中、よくプレッシャーに打ち勝ったと思う。負ける相撲はあっけないものもあるが、勝つ相撲の強さはもはや誰も文句がつけられない。突き押し一本でここまで上がってくるだけでもものすごいが、はたしてさらに上に行けるのか。まだ22歳ということで今後が本当に楽しみだ。一方、千秋楽でその貴景勝に敗れた栃ノ心は7勝8敗となり、2場所連続の負け越しが決定。来場所は関脇に転落することとなった。大関昇進からわずか5場所での転落となってしまった。来場所10勝すれば復帰となるが、果たしてどうなるか。今の栃ノ心がもう一度3場所33勝するのは厳しいと思うので、来場所に全てを懸けるはずだ。

平成最後の場所は平成の大横綱が締めて、さあ次の時代へ。次の時代の主役は誰になるのか。貴景勝がさっそく名乗りを上げているが、御嶽海にはぜひそこについていってほしい。もともと御嶽海のほうが先に大関候補と呼ばれていたはずだし、優勝だって先にしている。それが大関昇進で先を越された。燃えないはずはない。この思いを相撲にぶつけて、大関を目指してほしい。

夏場所は5月12日に始まる。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 23:11 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

平成31年春場所 7日目●豪栄道

7日目 ●御嶽海(送り出し)豪栄道○

立ち合い、豪栄道が張り、すぐにもろ差しの形に。御嶽海は首投げで抵抗しようとするが、豪栄道は左でしっかりとまわしをつかみ、送り出し。御嶽海はいいところなく3連敗となり、黒星先行となった。

今日は完敗だった。立ち合いからずっと豪栄道のペースだった。もろ差しになりたいのはどっちかというと御嶽海のほうなのだが、張ってくるのは予想外だっただろうか。豪栄道は昨日敗れていたので、気持ち的に落ちているのではないかとも思ったが、逆にしっかり引き締めて臨んだようだ。

明日、中日の相手は魁聖。過去の対戦は1勝6敗で、直近の対戦である昨年九州場所は寄り切りで魁聖が勝利している。東筆頭の魁聖は上位戦が続き、ここまで7連敗。しかし御嶽海にとっては天敵と言ってもいいほど相性の悪い相手で、調子は関係ない。今日玉鷲が魁聖にやったように徹底して突き放して押しきることができれば勝利も見えてくるはず。番付順でいうと9日目に白鵬戦が組まれるはずで、そこを4勝4敗で迎えるのと3勝5敗で迎えるのは全然違う。苦手な相手ではあるが、乗り越えて後半戦に向かいたい。

過去の対戦
28春 ●御嶽海(寄り切り)魁聖○
28名 ●御嶽海(寄り切り)魁聖○
28九 ●御嶽海(寄り切り)魁聖○
30夏 ●御嶽海(寄り切り)魁聖○
30名 ○御嶽海(押し出し)魁聖●
30秋 ●御嶽海(寄り倒し)魁聖○
30九 ●御嶽海(寄り切り)魁聖○

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 22:59 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする