2019年04月30日

2019.04.30 巨人1-3中日

初回、岡本のタイムリーで巨人が先制。しかし直後の2回、福田の3ランホームランで中日が逆転する。その後は両チームの投手陣が好投を見せ、次の1点が入らずこのままゲームセット。巨人は連敗で、平成最後の試合を勝利で飾ることはできなかった。

先発の高橋は7回3失点。プロ初黒星を喫したが、自己最長の7イニングを投げ試合は作った。今日の負けは打線が援護できなかったほうが大きいので、高橋は頑張ったと思う。ただ、逆転の3ランは連続四球でランナーをためてからの一発だったので、そこは反省してほしい。制球の改善が今後の課題だろう。

打線は初回に3安打で先制するも、2回以降はわずか2安打と高橋を援護できなかった。初回に先制した直後の石川の「レフトゴロ」が、巨人がつかみかけた流れを相手に渡してしまったような感じはある。

これで4月が終了。巨人は平成最後に勝つことはできなかったが、4月は首位で終えることができた。先発は調子が良く、また打線も1試合平均で5点近く取っているので頑張っている。問題はやはり中継ぎだろう。特に勝ちパターンがまだ決まっていないのはまずい。クックが抹消されたのが非常に痛い。中川が11試合投げて内容も良く無失点、戸根もランナーを出しながらもどうにか無失点で切り抜けているが、その次がいない。宮國、桜井、野上、吉川などが投げたが、1試合好投したと思って勝ち試合で使うと途端に打たれるような状態が続く。個人的には田原に期待したい。あとは開幕前に期待された大江や坂本工にもまた上がってきてほしい。

ちなみにこの記事も平成最後の記事ということで、巨人のいろいろな平成最後を見てみる。

平成最後の…
勝利(勝ち投手)…4月28日 DeNA戦(今村)
敗北(負け投手)…4月30日 中日戦(高橋)
タイムリー…岡本(4月30日 中日戦)
ホームラン…亀井(4月28日 DeNA戦)
盗塁…重信(4月28日 DeNA戦)
完投勝利…菅野(4月5日 DeNA戦)
完封勝利…菅野(2018年10月4日 広島戦)
ノーヒットノーラン…山口(2018年7月27日 中日戦)、菅野(2018年10月14日 ヤクルト戦※CS)
完全試合…槇原(1994年5月18日 広島戦、NPBで平成唯一)

リーグ優勝…2014年
日本一…2012年

さあ、明日からは新しい時代、令和が始まる。令和最初の日本一を目指して5月も突き進みたい。明日の先発は巨人が菅野、中日が山井。新しい時代最初の先発はエース菅野となった。前回は3者連続ホームランを浴びるなど4回途中7失点とまさかの大炎上となってしまったが、菅野ならばきっと立ち直っているだろうと思う。この10連戦はおそらく明日しか投げないと思うので、完封するくらいのつもりでいってほしい。対する山井とは今季初対戦。ここまでは4試合に投げて2勝1敗、防御率4.12。前回登板は4回4失点で負け投手となっている。もうすぐ41歳という大ベテランだが、簡単な相手ではない。それでも菅野の試合は落とせない。まずは3点くらい取りたいところ。

タグ:中日 野球 巨人
posted by K at 21:51 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

2019.04.29 巨人3-5DeNA

3回、ソトのタイムリー内野安打でDeNAが先制。しかし5回、押し出し死球、石川の内野ゴロの間、坂本のタイムリー内野安打で巨人が3点を挙げ逆転する。DeNAは直後の6回、嶺井のタイムリーで1点差とすると、8回、大和のタイムリーで同点、そして石川の2ランホームランで勝ち越した。このリードを守り切ったDeNAが連敗を10で止めた。

先発の山口は5回1失点(自責0)。今日もしっかり試合は作ったが、4四死球と制球は荒れ、5回で降板した。チャンスで打席が回ってきたのもあるし、中5日が続くというのもあるのだろうが、山口ならばせめてもう1イニングは投げてほしかったところではある。早めの降板が、結果的に負けにもつながってしまった。

その後は野上が1失点、戸根はランナーを出しながらどうにか無失点でリードを保ったが、宮國が3失点と逆転を許した。宮國が8回だったということは中川を抑えで使うということなんだろうが、個人的には中川を8回で固定してほしいと思っているので、宮國だったのはちょっと疑問だった。

明日からは中日との3連戦。平成最後、令和最初の試合はともに中日が相手となる。明日の先発は巨人が高橋、中日が大野。巨人の平成最後の先発は、ルーキー高橋に託すこととなった。ここまで3試合でわずか2失点と好投を見せているが、まだ最長で6回までしか投げられていない。ルーキーにあまり多くのことを求めるのは酷ではあるが、中継ぎが信頼できない今、勝つためには1イニングでも長く投げてほしい。平成最後の勝ち投手となれるか。対する大野とは今季2度目の対戦。前回は6回2失点と抑えられたが、試合は巨人が勝利した。大野はその後のDeNA戦で勝利し、2シーズンぶりの白星を挙げた。先週の登板は白星とはならなかったが8回2失点の好投を見せており、調子は良い。難敵だが、勝って平成を締めくくってほしい。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 23:14 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

2019.04.28 巨人7-2DeNA

初回、ビヤヌエバの2ランホームランで巨人が先制。その後は巨人のペースとなり、4回は大城のタイムリーで1点、5回は坂本のホームラン、亀井の2ランホームランで3点、7回は陽のタイムリーで1点を追加し、7点のリードを奪う。DeNAは8回、ソトの2ランホームランで2点を返すが、9回は宮國が締めてゲームセット。巨人は連勝で貯金が8となり、また残り2日で2位ヤクルトと2.5ゲーム差あるため、平成を首位で終えることが確実となった。

先発の今村は7回無失点。序盤は毎回ランナーを背負う苦しいピッチングだったが、そこを切り抜けると4回以降はノーヒットに抑え、好投で今季初勝利を挙げた。10連戦で先発の数も必要になる中、良いアピールができたと思う。

打線は3ホームラン。昨日死球で途中交代した坂本も1番で先発出場しホームランを打った。今日はホームランだけでなくタイムリーも出たし、先制、中押し、ダメ押しとできたので攻撃はとても良かった。

明日の先発は巨人が山口、DeNAが上茶谷。4戦4勝の山口が4月での5勝目に挑む。現在、セリーグでは山口と広島の床田が4勝で並んでおり、防御率は床田のほうが良い。月間MVPのためには明日勝ちたいところだ。対する上茶谷はドラフト1位ルーキー。開幕からローテーションに入っているが、ここまで4試合投げて0勝2敗、防御率4.98とまだ勝ち星がない。デビュー戦で7回1失点、次の試合も6回3失点と試合を作っていたが勝てず、その後2試合は5失点、6失点と打ち込まれている。初物に弱いでおなじみの巨人だが(先日もスアレスに負けた)、明日はどうか。

タグ:DeNA 野球 巨人
posted by K at 21:46 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019.04.27 巨人5-4DeNA

2回、山本のタイムリーで巨人が先制。4回、大城、山本のタイムリーなどで巨人が一挙4点を追加し、5点のリードを奪う。DeNAは6回、ソトのホームランで1点を返すと、7回には大和のタイムリーで1点、9回には筒香のタイムリーで2点を返し、1点差まで詰め寄る。しかし最後は抑えの野上がどうにか抑えてゲームセット。巨人が辛うじて逃げ切り、10連戦の初戦で勝利した。

先発のメルセデスは7回途中2失点。今日もしっかりと試合を作った。ランナーを残して回の途中で降板したのは反省点だが、前の試合で菅野が炎上して嫌な流れになっていたのを止めてくれたのは良かった。

クックが離脱している中、今日は野上が9回のマウンドに上がり、2失点したもののなんとか1イニングを投げ切った。これまでの安定感でいうなら中川のほうが信頼度は上だが、中川を抑えにすると今度は8回の投手がいなくなるので、とりあえず野上でもいいと思う。

打線は前半に大きくリードを奪った。山本が2安打2打点と活躍。吉川尚の穴をしっかり埋めている。田中俊が抹消されたので、しばらくはセカンドのレギュラーということになるだろうか。坂本が死球を受けて途中交代となったが、本人も監督も大丈夫だと言っているのでそんなに心配はいらないか。

明日の先発は巨人が今村、DeNAが京山。今季の序盤はリリーフとして2試合に登板した今村だが、2試合目で3失点して二軍落ち。その後先発として再調整し、上がってきた。二軍では2試合で13イニング投げて防御率1.38と調子は良さそう。今の一軍先発陣は菅野、山口、ヤングマン、メルセデス、高橋まで割と安定している(外国人2人は枠にもよる)が、好投して6人目に入れるか。対する京山とは今季2度目の対戦。前回は4回途中2失点で勝ち負けつかず。試合はDeNAが勝利した。今日のように早めに得点して今村を援護したい。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 00:43 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

2019.04.25 巨人2-11ヤクルト

3回、青木の2ランホームランでヤクルトが先制。さらに続く山田、そしてバレンティンもホームラン。菅野から3者連続ホームランを放つ。さらにこの回は村上にタイムリーが出て5点を挙げる。火が付いたヤクルト打線は4回にバレンティンのタイムリーが出て菅野をKO。さらに太田の犠牲フライで計2点。5回にはバレンティンの犠牲フライで1点。7回には今日2度目となる山田、バレンティンの連続ホームランで3点を追加。大量リードを奪う。巨人は8回に岡本のタイムリーで1点、9回にはダブルプレーの間に1点を返すが差はあまりにも大きく、ゲームセット。巨人は大敗で連勝ストップとなった。

先発の菅野は4回途中7失点。3者連続ホームランを浴び、さらにその後も立て直せず。菅野は3連勝中の被安打が合計で16(22回2/3)だったが、今日は3回1/3で12被安打という信じられない1日となった。1年やってればこういう日もあるし(さすがにここまではそうそうないだろうが…)、切り替えて次に臨んでほしい。

打線も新外国人・スアレスを打てず。岡本にタイムリーが出たのは良かった。

明日は休みで、土曜日からはゴールデンウィーク10連戦が始まる。巨人の日程は、DeNA(ホーム)→中日(ホーム)→広島(ビジター)→DeNA(休み挟んで2試合、横浜→新潟)となる。ホームが6試合あるため、最低でも勝ち越したいところ。10連戦ということで先発も6人必要になるが、まず土曜日に先週投げたヤングマンがいないため、誰を上げるか注目。二軍でそれなりの成績を残している投手だと、今村、澤村、高田あたりが候補になってくるだろうか。

posted by K at 21:36 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする