2019年04月02日

2019.04.02 巨人9-3阪神

初回、丸のタイムリーで巨人が先制。さらに陽の内野ゴロの間に1点を追加し、2点を挙げる。巨人は3回には岡本の2点タイムリーとゲレーロの3ランホームランで5点、5回には丸の移籍後初ホームランで1点を追加し、8点の大量リードを奪う。阪神は6回、福留のタイムリー、糸原の2点タイムリーで3点を返すが、その裏、丸の犠牲フライで巨人が1点を追加。このリードを守り切った巨人が、本拠地東京ドームの開幕戦を白星で飾った。

先発の山口は7回3失点。序盤に大量リードをもらったこともあり途中までは調子よく投げていたが、6回に3失点、7回も2四球と後半はやや荒れた。内容には反省点もあると思うが、まずは初戦で白星がついてよかった。

打線は爆発。変わらず調子のいい吉川とゲレーロが打ち、丸にも初ホームランが出て、不調だった岡本にもあわやホームランという大きなタイムリーが出た。初回の1,2,3番の連打は鮮やかだったし、今日は強力打線の強みが存分に出た試合だった。

明日の先発は巨人がメルセデス、阪神が青柳。昨年はシーズン後半に一軍昇格し、素晴らしい働きを見せたメルセデス。今季は柱の1人として期待がかかる。外国人枠争いが激しい中、しっかりとアピールしてほしい。対する青柳は、昨年はわずか4試合の登板にとどまった。今季は1年を通してのローテーション入りを狙っているだろう。巨人打線には今日の勢いを明日も見せてほしい。

タグ:巨人 野球 阪神
posted by K at 23:25 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする