2019年04月04日

2019.04.04 巨人10-1阪神

初回、岡本の2ランホームランで巨人が先制。さらにこの回はダブルスチールが成功してもう1点を追加し、いきなり3点を挙げる。4回には坂本の3ランホームランで3点を追加。5回、阪神は坂本のホームランで1点を返すが、その裏、岡本の今日2本目のホームラン、続く亀井の2者連続ホームランが出て巨人が2点を追加、7点の大量リードを奪う。さらに6回には亀井の内野ゴロの間に1点、8回には中島が押し出し四球を選んで1点を追加。2ケタ得点で快勝した巨人が5連勝。先発した高橋はプロ初登板・初先発・初勝利を挙げた。

先発の高橋は6回1失点。失点はソロホームランのみで、連打はなし。序盤から援護をもらえたというのも良かったと思うが、プロ初先発にしては非常に落ち着いた見事なピッチングだった。巨人の大卒ルーキーの初登板初先発初勝利はなんと59年ぶりとのこと。これからもローテーションを守り続けられるよう頑張ってほしい。初勝利おめでとう。

打線は先発野手全員安打に4本塁打と今日も好調。上位打線がこれだけそろって調子が良いというのはそうそうないことだと思うので、この状態のうちに勝てるだけ勝っておきたいところ。

明日からは横浜でDeNAとの3連戦。明日の先発は巨人が菅野、DeNAが今永。前回は7回1失点と好投しながらも負け投手となってしまった菅野。菅野の心配はしていないが、相手も好投手なので打線が打てない可能性はある。先制点を与えないようにしてほしい。対する今永は開幕戦で8回無失点の素晴らしいピッチングを見せ、勝ち投手となった。阪神戦で本領を発揮した打線だが、横浜でもその勢いを持続させられるか。

タグ:巨人 野球 阪神
posted by K at 23:47 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする