2019年04月06日

2019.04.06 巨人2-9DeNA

初回、亀井の犠牲フライで巨人が先制。その裏、ソトの内野ゴロの間にDeNAが同点とする。3回、ゲレーロのタイムリーで巨人が勝ち越す。しかし4回、DeNAはロペスのタイムリーで同点とし、嶺井の内野ゴロの間に勝ち越し、さらに倉本の2点タイムリーが出て、この回一挙4点を挙げる。ここからはDeNAのペースとなり、6回には神里のタイムリー、7回には筒香のホームラン、8回には佐野の内野ゴロの間に、それぞれ1点を追加。巨人は13三振を喫して反撃できずにゲームセット。巨人の連勝は6でストップした。

先発の澤村は4回途中4失点。3回まではまずまずだったが、4回に四球でランナーをため、ロペスにタイムリーを打たれたところで降板した。四球を出して自滅する澤村の悪い癖が出てしまった。2軍落ちするようだが、個人的にはもう少し先発で見たいので、2軍でしっかり調整してまた上がってこれるようにしてほしい。

打線は9安打で2点。13三振と三振しまくった。DeNA先発の京山からはかなり出塁できていたので、序盤にもっと点を取っておきたかった。

明日の先発は巨人が畠、DeNAが井納。前回は6回途中2失点だった畠。今季初勝利を狙う。対する井納は、前回の登板は5回1失点で勝ち負けつかず。こちらも今季初勝利を狙う。3カード連続勝ち越しを達成してほしい。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 22:05 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019.04.05 巨人3-2DeNA

初回、坂本、丸の連続ホームランで巨人が2点を先制。しかしその裏、今度はDeNAがソト、筒香の連続ホームランで同点とする。その後はしばらく無得点が続いたが、7回、ゲレーロのホームランで巨人が勝ち越す。巨人の先発・菅野は100球を超えても投げ続け、9回もマウンドへ。最後まで1人で投げ抜いてゲームセット。巨人は接戦を制し、6連勝となった。

先発の菅野は9回2失点。完投で今季初勝利を挙げた。初回こそ2ホームランを浴びたが、その後は3安打された大和以外からは1安打も打たれなかった。球数を考えると9回、もしくは8回から変わってもおかしくないところだったと思うが、リリーフが投げるより100球以上投げた菅野のほうを信用したということだろう。まあ実際そうだろうし。

打線はホームラン攻勢。好調の続く坂本・丸・ゲレーロに一発が出た。相手が今永だったので大量点は望めなかったかもしれないが、欲を言えば8回の満塁のチャンスで追加点が欲しかった。

明日の先発は巨人が澤村、DeNAが京山。リリーフから先発に再転向した澤村が先発となる。一軍での先発は約4年半ぶり。元々は先発でもイニングを食えるタイプだった。リリーフ転向後も最初は結果を残せていたが、昨年は登板数こそ多かったものの、正直試合を壊していた印象のほうが強かったので、先発に戻ったほうが良いんじゃないかと思っていた。二軍では12イニング投げて1失点、防御率0.75と調整はしっかりできているようだが、果たしてどんなピッチングを見せるのか。対する京山は、前回の今季初登板の試合は4回途中4失点と負け投手になった。とにかく澤村がどうなのかわからないので、早い段階で援護をしたい。

タグ:DeNA 野球 巨人
posted by K at 00:01 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする