2019年04月07日

2019.04.07 巨人1-5DeNA

2回、大和の2点タイムリーでDeNAが先制。3回には筒香のタイムリーで1点を追加する。5回、吉川尚のタイムリーで巨人が1点を返すが、その裏、巨人のピッチャー畠の牽制悪送球と、ソトのタイムリーでDeNAが2点を追加。その後は両チーム点が動かず、このままゲームセット。巨人は今季初の連敗、カード負け越しとなった。

先発の畠は5回途中5失点。自らのミスもあり、先発としての役目は果たせなかった。1点返してここからというところでの2失点は試合の流れを決めてしまった感がある。まだチャンスはもらえると思うので、今回の反省を次に活かしてほしい。

打線も1点のみ。この3連戦は合計で6点と打線が振るわなかったのも負け越しの大きな要因となった。ヒットは出ているので、つなげていきたい。

火曜日からはナゴヤドームで中日との3連戦。中日はここまで4勝5敗で4位となっている。先発は山口とメルセデスはほぼ間違いないと思うが、先週先発した高橋が登録抹消されているので、3人目が誰になるかは注目だ。

タグ:DeNA 野球 巨人
posted by K at 22:54 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする