2019年04月10日

2019.04.10 巨人2-3中日

初回、岡本のタイムリーで巨人が先制。4回、ビシエドの内野ゴロの間に中日が同点に追いつく。6回、再び岡本のタイムリーで巨人が勝ち越すが、その裏、福田の2ランホームランで中日が逆転。その後、巨人は中日のリリーフから点を奪えず、このままゲームセット。この2連戦は1勝1敗となった。

先発のメルセデスは7回3失点。しっかり試合を作ったが、味方の援護が少なく負け投手となった。勝ち越した直後に逆転されてしまったのが残念だが、先発としての役目は果たしたと思う。

打線は、昨日心配していた岡本が2打点と活躍したが、その2点にとどまった。5試合連続で3点以下と得点力不足なのが心配だが、とりあえず岡本に当たりが出ただけでも良かった。

2連戦は1勝1敗。打線が落ちてきているが、先発は比較的調子がいい。先発がしっかり抑えている試合は落としたくない。

明日は休みで、あさってからは東京ドームに戻ってヤクルトとの3連戦。ヤクルトはここまで7勝4敗で、巨人と並んで首位に立つ。巨人の先発は菅野、ヤングマン、畠だろうか。ヤングマンの場合は外国人選手を誰か落とすことになるが、まあクックは抑えなので、他3人のうちの誰かだろうなあ。もしくは昨日1軍に上がってきた坂本工宜が先発の可能性もあるか?

タグ:巨人 中日 野球
posted by K at 23:17 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019.04.09 巨人3-1中日

初回、大島の犠牲フライで中日が先制。しかし直後の2回、ビヤヌエバのホームランで巨人が同点とする。続く3回には丸のタイムリーで巨人が勝ち越す。その後は中日が何度もランナーをためるものの、巨人の投手陣が要所を凌ぎ、得点を与えない。すると9回、ビヤヌエバの今日2本目となるホームランが出て巨人が1点を追加。その裏はクックが抑え、カード初戦は巨人が制した。

先発の山口は7回1失点。先制は許したが、その後はしっかりと抑えた。山口は良い年と悪い年が交互に来る印象があり、昨年が良い年だったので今年はどうかと思っていたが、ここまでは良いスタートを切っている。

打線はビヤヌエバが2ホームランで試合を決めた。その他に、二塁へのスライディングが危険と判断されてリクエストの末アウトになるなど、今日は良くも悪くもビヤヌエバが主役だった。スライディングに関しては、まああれは併殺崩しと判断されてもしょうがないかなと思う。それにしても、ビヤヌエバ、ゲレーロ、メルセデス、ヤングマン、クックと外国人5人が今のところみんないい働きをしていて4枠をどうするかが大変。ちょっと前まではビヤヌエバを落とせば、と思っていたが、ビヤヌエバまで打ち出すとは…。でも先発2人も使いたいし、クックもランナーは出しながらも抑えてるし、うーん…。

一方、今日は相手先発の大野を筆頭に、中日投手陣から17三振を喫した。これはチームワーストタイ記録とのこと。これでよく勝ったな…。心配なのは岡本で、これで4試合連続ノーヒット。今のところ、ほとんど阪神戦でしか打っていない。ただ、ここは自分で乗り越えてほしい。

明日の先発は巨人がメルセデス、中日がロメロ。前回は8回3失点で勝ち投手となったメルセデス。助っ人がみんな調子がいいため、メルセデスといえども下手なピッチングをすると落ちる可能性もある。自分のためにも頑張ってほしい。対するロメロは今季からの新助っ人。前回の初登板では広島を相手に6回無失点の好投を見せ、勝ち投手となった。打線はやや下降気味だが、盛り返してほしい。

タグ:巨人 野球 中日
posted by K at 00:08 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする