2019年04月19日

2019.04.19 巨人12-4阪神

2回、小林の3ランホームランで巨人が先制。巨人は4回には阪神のエラーと丸の内野ゴロの間に2点、5回には岡本のホームランで1点を追加、6点のリードを奪う。阪神は7回、木浪のプロ初ホームランとなる3ランで3点を返すが、直後の8回、巨人は山本の2点タイムリー、阿部のタイムリー、坂本の2ランホームランなどで6点を追加。阪神は9回に木浪のタイムリーで1点を返すが、差は大きくゲームセット。巨人が大勝でカードの初戦を制した。

先発の菅野は7回途中3失点。序盤からリードをもらって悠々と投げているように見えたのだが、6回から球数が増え始め、120球が近づいたところで木浪にプロ初ホームランを浴びた。菅野は今日も含めた4試合すべてで100球を超えており、うち3回が120球前後を投げている。菅野と言えどもちょっと投げさせすぎたのかもしれない。それにしても菅野にイニングを投げ切らせずに代えるとは珍しい。原監督が何か危険なものを感じ取ったんだろうか。

打線は相手のミスにも乗じて大量12得点。今日は珍しく下位のほうがよく打った。4番までのヒットは坂本・岡本のホームラン2本のみで、5番以降(と代打)で12安打を放った。とくに小林は今季第1号を含む4安打3打点の大活躍。まだ試合数が少ないとはいえ、打率は.361と小林とは思えないほど(失礼)打っている。炭谷の加入や大城の成長が刺激になっているのだろうか。あと、打席には立たなかったが、4年目の増田大が一軍初出場を果たし、良い守備を見せた。二軍では打率.351、13盗塁と打撃や走塁で活躍しており、次は打席に立つところを見たい。

明日の先発は巨人がヤングマン、阪神が岩貞。前回は5回途中4失点と結果を残せなかったヤングマンだが、明日はどうか。対する岩貞は今季ここまで3試合に登板し、1勝2敗、防御率5.28。今季最初の登板は7回途中無失点の好投で勝利したが、そこから連敗している。今日の流れを続けたい。

タグ:巨人 野球 阪神
posted by K at 22:35 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする