2019年04月21日

2019.04.21 巨人3-0阪神

4回、阪神の守備のミスが重なって巨人が1点を先制。7回、山本のタイムリーで巨人が1点を追加。さらに9回にもワイルドピッチによって1点を追加する。投げては先発のメルセデスが7回まで無失点のピッチングを見せ、その後は中川、クックと現時点での勝ちパターンでつないでゲームセット。巨人が2試合連続の完封リレーで3連勝。これで阪神戦は今季負けなしの6連勝となった。

先発のメルセデスは7回無失点。6回までは毎回ランナーを背負ったが、粘りのピッチングで無失点に抑えた。こうなるとやっぱりメルセデスとヤングマンが交互に投げるっていうのはなんかもったいなく感じてしまうなあ。まあそうすると落ちるのはおそらくゲレーロになるのだが、ゲレーロも落とすほど打っていないわけじゃないし。非常に良い悩みではあるのだが、難しい。

打線は今日も相手のミスから点を取って勝利。3点のうち2点が相手のミスが絡んでおり、もらった勝利と言っても過言ではない。そんな中、唯一自力で取ったのが山本のタイムリー。吉川尚の代わりのような形で上がってきた山本だが、ここまでは十分に穴を埋める働きをしている。田中の打率が上がってこないので、山本の出番は増えるかもしれない。

またも阪神相手に3連勝となり、再び首位に立った。とはいえ、阪神から貯金を6つ作っているにもかかわらず、シーズン全体の貯金は5。つまり他の4球団とは、合計では負け越している。阪神以外にもしっかり勝てるようにしたい。

火曜日からは神宮に移ってヤクルトとの3連戦。ヤクルトは現在2位で、首位攻防戦となる。ちなみに、この3連戦が終わると翌日は休みで、その次の土曜日からゴールデンウィークの10連戦となる。巨人の先発は山口、高橋、そして木曜日は中5日で菅野ではないかとされている。ヤクルトは好調だが、山口・菅野と出すからには勝ち越しを狙いたい。

タグ:阪神 野球 巨人
posted by K at 20:44 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする