2019年04月23日

2019.04.23 巨人9-0ヤクルト

初回、ビヤヌエバの犠牲フライで巨人が先制。3回にはヤクルト・原のワイルドピッチ、4回には亀井のタイムリーでそれぞれ1点を追加する。その後はしばらく試合が動かなかったが、8回、小林の2点タイムリーで巨人が追加点を挙げると、9回には丸のホームラン、増田大、小林、大城のタイムリーでダメ押しの4点を追加。巨人が快勝でカード初戦を制し、4連勝となった。

先発の山口は8回無失点。被安打わずか1という快投を見せ、これで開幕4連勝となった。今月中にもう1回登板機会があると思うが、現時点で月間MVPに大きく近づいたと言えるだろう。

打線は終盤に畳みかけた。絶好調の小林は今日も4安打で打率は驚異の4割超。そもそも守備は良いんだから、これだけ打てるなら固定しても、と思ってしまうところだが、今のような起用法だから打てている可能性もあるからなあ。それに炭谷も打てているし、今の起用法を変える必要はないか。それから、先日一軍デビューを果たした増田大が今日は初めて打席に立ち、初安打初打点を記録した。重信や山本も頑張っているし、若手が躍動していて嬉しい。

明日の先発は巨人が高橋、ヤクルトがブキャナン。ここまでの2試合では試合を作れている高橋。明日はヤクルト打線に挑む。結果を残せればローテーション定着も見えてくるだろう。抑えのクックが右ひじの違和感によって登録抹消され、中継ぎ陣がさらに不安になった今、高橋には長いイニングを投げることも目標にしてほしい。対するブキャナンは今季ここまで2試合に登板し、0勝0敗、防御率2.77。前回登板は8回2失点の好投を見せたが、まだ今季は白星がない。打線は今日の勢いを維持してほしい。

posted by K at 21:46 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする