2019年04月24日

2019.04.24 巨人7-2ヤクルト

2回、高橋のプロ初安打となるタイムリーで巨人が先制。さらに坂本の3ランホームラン、ビヤヌエバのホームランでこの回一挙5点を挙げる。さらに6回にはビヤヌエバの2点タイムリーが出て、巨人が7点のリードを奪う。ヤクルトは9回に西浦のホームランと山田の犠牲フライで2点を返し、巨人の4試合連続完封こそ阻止したもののこれでゲームセット。巨人は5連勝、貯金は今季最大の7となった。

先発の高橋は5回無失点、かつ1安打1打点。ピッチングのほうでは毎回ランナーを背負い球数もかさんだが、粘りのピッチングで無失点。そしてバッティングでは自らを助ける先制タイムリーを打ち、そこからビッグイニングを作った。まだまだ課題はあるが、4月で2勝はルーキーとしてはよくやっている。同じドラフト1位だと2年目の鍬原がまだ1勝、4年目の桜井はまだ未勝利だし。

先発が5回で降りたため若干の不安はあったが、今日は2番手の野上が3イニングを1安打無失点に抑える好投を見せた。元々先発なので、こうやって長いイニングも投げられるのは良いな。

打線は序盤に畳みかけた。高橋は無失点ではあるが内容は良くなかったので、僅差だと危なかったかもしれない。序盤に大きくリードを奪ったのが良かったと思う。

明日の先発は巨人が菅野、ヤクルトがスアレス。日程の関係もあり、中5日で菅野を持ってきた。ヤクルト戦は今季2度目で、前回は7回1失点で勝ち投手となっている。菅野にとってはおそらく平成最後の登板となるが、勝って締めくくれるか。対するスアレスは今季からの助っ人外国人で、明日が来日初登板。二軍では1試合に投げて0勝1敗、防御率4.50。6連勝で景気よく10連戦に臨みたいところだ。

posted by K at 23:27 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする