2019年04月25日

2019.04.25 巨人2-11ヤクルト

3回、青木の2ランホームランでヤクルトが先制。さらに続く山田、そしてバレンティンもホームラン。菅野から3者連続ホームランを放つ。さらにこの回は村上にタイムリーが出て5点を挙げる。火が付いたヤクルト打線は4回にバレンティンのタイムリーが出て菅野をKO。さらに太田の犠牲フライで計2点。5回にはバレンティンの犠牲フライで1点。7回には今日2度目となる山田、バレンティンの連続ホームランで3点を追加。大量リードを奪う。巨人は8回に岡本のタイムリーで1点、9回にはダブルプレーの間に1点を返すが差はあまりにも大きく、ゲームセット。巨人は大敗で連勝ストップとなった。

先発の菅野は4回途中7失点。3者連続ホームランを浴び、さらにその後も立て直せず。菅野は3連勝中の被安打が合計で16(22回2/3)だったが、今日は3回1/3で12被安打という信じられない1日となった。1年やってればこういう日もあるし(さすがにここまではそうそうないだろうが…)、切り替えて次に臨んでほしい。

打線も新外国人・スアレスを打てず。岡本にタイムリーが出たのは良かった。

明日は休みで、土曜日からはゴールデンウィーク10連戦が始まる。巨人の日程は、DeNA(ホーム)→中日(ホーム)→広島(ビジター)→DeNA(休み挟んで2試合、横浜→新潟)となる。ホームが6試合あるため、最低でも勝ち越したいところ。10連戦ということで先発も6人必要になるが、まず土曜日に先週投げたヤングマンがいないため、誰を上げるか注目。二軍でそれなりの成績を残している投手だと、今村、澤村、高田あたりが候補になってくるだろうか。

posted by K at 21:36 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする