2019年04月28日

2019.04.28 巨人7-2DeNA

初回、ビヤヌエバの2ランホームランで巨人が先制。その後は巨人のペースとなり、4回は大城のタイムリーで1点、5回は坂本のホームラン、亀井の2ランホームランで3点、7回は陽のタイムリーで1点を追加し、7点のリードを奪う。DeNAは8回、ソトの2ランホームランで2点を返すが、9回は宮國が締めてゲームセット。巨人は連勝で貯金が8となり、また残り2日で2位ヤクルトと2.5ゲーム差あるため、平成を首位で終えることが確実となった。

先発の今村は7回無失点。序盤は毎回ランナーを背負う苦しいピッチングだったが、そこを切り抜けると4回以降はノーヒットに抑え、好投で今季初勝利を挙げた。10連戦で先発の数も必要になる中、良いアピールができたと思う。

打線は3ホームラン。昨日死球で途中交代した坂本も1番で先発出場しホームランを打った。今日はホームランだけでなくタイムリーも出たし、先制、中押し、ダメ押しとできたので攻撃はとても良かった。

明日の先発は巨人が山口、DeNAが上茶谷。4戦4勝の山口が4月での5勝目に挑む。現在、セリーグでは山口と広島の床田が4勝で並んでおり、防御率は床田のほうが良い。月間MVPのためには明日勝ちたいところだ。対する上茶谷はドラフト1位ルーキー。開幕からローテーションに入っているが、ここまで4試合投げて0勝2敗、防御率4.98とまだ勝ち星がない。デビュー戦で7回1失点、次の試合も6回3失点と試合を作っていたが勝てず、その後2試合は5失点、6失点と打ち込まれている。初物に弱いでおなじみの巨人だが(先日もスアレスに負けた)、明日はどうか。

タグ:DeNA 野球 巨人
posted by K at 21:46 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019.04.27 巨人5-4DeNA

2回、山本のタイムリーで巨人が先制。4回、大城、山本のタイムリーなどで巨人が一挙4点を追加し、5点のリードを奪う。DeNAは6回、ソトのホームランで1点を返すと、7回には大和のタイムリーで1点、9回には筒香のタイムリーで2点を返し、1点差まで詰め寄る。しかし最後は抑えの野上がどうにか抑えてゲームセット。巨人が辛うじて逃げ切り、10連戦の初戦で勝利した。

先発のメルセデスは7回途中2失点。今日もしっかりと試合を作った。ランナーを残して回の途中で降板したのは反省点だが、前の試合で菅野が炎上して嫌な流れになっていたのを止めてくれたのは良かった。

クックが離脱している中、今日は野上が9回のマウンドに上がり、2失点したもののなんとか1イニングを投げ切った。これまでの安定感でいうなら中川のほうが信頼度は上だが、中川を抑えにすると今度は8回の投手がいなくなるので、とりあえず野上でもいいと思う。

打線は前半に大きくリードを奪った。山本が2安打2打点と活躍。吉川尚の穴をしっかり埋めている。田中俊が抹消されたので、しばらくはセカンドのレギュラーということになるだろうか。坂本が死球を受けて途中交代となったが、本人も監督も大丈夫だと言っているのでそんなに心配はいらないか。

明日の先発は巨人が今村、DeNAが京山。今季の序盤はリリーフとして2試合に登板した今村だが、2試合目で3失点して二軍落ち。その後先発として再調整し、上がってきた。二軍では2試合で13イニング投げて防御率1.38と調子は良さそう。今の一軍先発陣は菅野、山口、ヤングマン、メルセデス、高橋まで割と安定している(外国人2人は枠にもよる)が、好投して6人目に入れるか。対する京山とは今季2度目の対戦。前回は4回途中2失点で勝ち負けつかず。試合はDeNAが勝利した。今日のように早めに得点して今村を援護したい。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 00:43 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする