2019年04月29日

2019.04.29 巨人3-5DeNA

3回、ソトのタイムリー内野安打でDeNAが先制。しかし5回、押し出し死球、石川の内野ゴロの間、坂本のタイムリー内野安打で巨人が3点を挙げ逆転する。DeNAは直後の6回、嶺井のタイムリーで1点差とすると、8回、大和のタイムリーで同点、そして石川の2ランホームランで勝ち越した。このリードを守り切ったDeNAが連敗を10で止めた。

先発の山口は5回1失点(自責0)。今日もしっかり試合は作ったが、4四死球と制球は荒れ、5回で降板した。チャンスで打席が回ってきたのもあるし、中5日が続くというのもあるのだろうが、山口ならばせめてもう1イニングは投げてほしかったところではある。早めの降板が、結果的に負けにもつながってしまった。

その後は野上が1失点、戸根はランナーを出しながらどうにか無失点でリードを保ったが、宮國が3失点と逆転を許した。宮國が8回だったということは中川を抑えで使うということなんだろうが、個人的には中川を8回で固定してほしいと思っているので、宮國だったのはちょっと疑問だった。

明日からは中日との3連戦。平成最後、令和最初の試合はともに中日が相手となる。明日の先発は巨人が高橋、中日が大野。巨人の平成最後の先発は、ルーキー高橋に託すこととなった。ここまで3試合でわずか2失点と好投を見せているが、まだ最長で6回までしか投げられていない。ルーキーにあまり多くのことを求めるのは酷ではあるが、中継ぎが信頼できない今、勝つためには1イニングでも長く投げてほしい。平成最後の勝ち投手となれるか。対する大野とは今季2度目の対戦。前回は6回2失点と抑えられたが、試合は巨人が勝利した。大野はその後のDeNA戦で勝利し、2シーズンぶりの白星を挙げた。先週の登板は白星とはならなかったが8回2失点の好投を見せており、調子は良い。難敵だが、勝って平成を締めくくってほしい。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 23:14 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする