2019年04月30日

2019.04.30 巨人1-3中日

初回、岡本のタイムリーで巨人が先制。しかし直後の2回、福田の3ランホームランで中日が逆転する。その後は両チームの投手陣が好投を見せ、次の1点が入らずこのままゲームセット。巨人は連敗で、平成最後の試合を勝利で飾ることはできなかった。

先発の高橋は7回3失点。プロ初黒星を喫したが、自己最長の7イニングを投げ試合は作った。今日の負けは打線が援護できなかったほうが大きいので、高橋は頑張ったと思う。ただ、逆転の3ランは連続四球でランナーをためてからの一発だったので、そこは反省してほしい。制球の改善が今後の課題だろう。

打線は初回に3安打で先制するも、2回以降はわずか2安打と高橋を援護できなかった。初回に先制した直後の石川の「レフトゴロ」が、巨人がつかみかけた流れを相手に渡してしまったような感じはある。

これで4月が終了。巨人は平成最後に勝つことはできなかったが、4月は首位で終えることができた。先発は調子が良く、また打線も1試合平均で5点近く取っているので頑張っている。問題はやはり中継ぎだろう。特に勝ちパターンがまだ決まっていないのはまずい。クックが抹消されたのが非常に痛い。中川が11試合投げて内容も良く無失点、戸根もランナーを出しながらもどうにか無失点で切り抜けているが、その次がいない。宮國、桜井、野上、吉川などが投げたが、1試合好投したと思って勝ち試合で使うと途端に打たれるような状態が続く。個人的には田原に期待したい。あとは開幕前に期待された大江や坂本工にもまた上がってきてほしい。

ちなみにこの記事も平成最後の記事ということで、巨人のいろいろな平成最後を見てみる。

平成最後の…
勝利(勝ち投手)…4月28日 DeNA戦(今村)
敗北(負け投手)…4月30日 中日戦(高橋)
タイムリー…岡本(4月30日 中日戦)
ホームラン…亀井(4月28日 DeNA戦)
盗塁…重信(4月28日 DeNA戦)
完投勝利…菅野(4月5日 DeNA戦)
完封勝利…菅野(2018年10月4日 広島戦)
ノーヒットノーラン…山口(2018年7月27日 中日戦)、菅野(2018年10月14日 ヤクルト戦※CS)
完全試合…槇原(1994年5月18日 広島戦、NPBで平成唯一)

リーグ優勝…2014年
日本一…2012年

さあ、明日からは新しい時代、令和が始まる。令和最初の日本一を目指して5月も突き進みたい。明日の先発は巨人が菅野、中日が山井。新しい時代最初の先発はエース菅野となった。前回は3者連続ホームランを浴びるなど4回途中7失点とまさかの大炎上となってしまったが、菅野ならばきっと立ち直っているだろうと思う。この10連戦はおそらく明日しか投げないと思うので、完封するくらいのつもりでいってほしい。対する山井とは今季初対戦。ここまでは4試合に投げて2勝1敗、防御率4.12。前回登板は4回4失点で負け投手となっている。もうすぐ41歳という大ベテランだが、簡単な相手ではない。それでも菅野の試合は落とせない。まずは3点くらい取りたいところ。

タグ:中日 野球 巨人
posted by K at 21:51 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする