2019年05月31日

2019.05.30 巨人2-5阪神 5.31 巨人3-7中日

30日 初回、大山の3ランホームランで阪神が先制。直後の2回、大城の2ランホームランで巨人が1点差とするが、5回、大山のタイムリーで阪神が1点を追加。7回には糸原の犠牲フライでさらに1点を追加。このままゲームセットで阪神がこのカード2連勝となった。

31日 初回、大島の犠牲フライで中日が先制。しかしその裏、大城のタイムリーで巨人が同点に。3回、高橋のタイムリー、武山の押し出し死球で中日が2点を勝ち越し。さらに5回にはビシエド、高橋のホームランで2点を追加する。巨人は5回に坂本のタイムリー、6回に大城のホームランでそれぞれ1点を返し3点差とするが、8回、遠藤のホームランで中日がダメ押し。巨人は3連敗となった。

先発が試合を作れず、打線も打てない。めちゃくちゃ調子が悪い。亀井を1番にしたり、大城をファーストで使ったりいろいろやって結果が出ていないわけではないが、それが勝利に結びつかない。まずは先発陣をしっかりさせるのが最初ではないかと思う。

明日の先発は巨人がメルセデス、中日が清水。メルセデスは今季中日戦2試合に投げて1勝1敗、防御率1.93。清水とは2試合目の対戦で、前回は5回2失点で試合は中日が勝利した。当たり前だがメルセデスのピッチングがとても大事になる。不調は5月で終わりにして、6月はまた上昇していきたい。

posted by K at 23:42 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

2019.05.29 巨人4-8阪神

初回、丸のホームランで巨人が先制。巨人は3回に坂本のホームラン、4回に大城のタイムリーでそれぞれ1点を追加する。5回、上本の2点タイムリーで阪神が1点差とする。8回、丸の2本目のホームランで巨人が1点を追加するが、その裏、マルテの2ランホームランで阪神が同点に追いつき、試合は延長戦へ。そして12回、高山の満塁ホームランで阪神がサヨナラ勝ちとなった。

先発の今村は6回2失点。毎回ランナーを出したが粘って、リードを保ったまま降板。今村は悪くない結果だったと思う。

中継ぎは澤村が追いつかれ、最後は桜井がランナーをためて池田がホームランを打たれた。勝ち試合だったのを落とした上にこれだけピッチャーを出したのは非常に痛い。どうせ負けるのなら9回で負けるほうがダメージは少なかった。

打線は小刻みに点を取るも、畳みかけることができず。もっと点を取れるチャンスはあったが、そこで取れなかったことが大きく響いた。

明日の先発は巨人がヤングマン、阪神が高橋。このところパっとしない感じのヤングマンだが、前回の阪神戦では8回無失点の好投を見せている。中5日だが、今日は中継ぎも多く使ったのでここは長いイニングを投げてほしい。対する高橋とは今季初対戦。今季はここまで2試合に投げて0勝0敗、防御率1.74。つないで点を取りたい。



タグ:阪神 野球 巨人
posted by K at 22:57 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

2019.05.26 巨人5-4広島

初回、西川の犠牲フライで広島が先制。しかしその裏、岡本の3ランホームランで巨人が逆転する。4回にはゲレーロのホームランで巨人が1点を追加。しかし7回、鈴木のタイムリー、長野の2点タイムリーで広島が3点を返して同点、試合は振出しに戻る。8回、重信の犠牲フライで巨人が勝ち越し。9回、広島は一打逆転のチャンスを作るが、最後は中川が抑えてゲームセット。巨人は連敗ストップ、広島の連勝は11で止まった。

先発の山口は6回1失点。かなりヒットは打たれたが、犠牲フライのみの1点に抑えて粘りのピッチングを見せた。勝ちはつかなかったが、しっかり仕事をしたと思う。

その後アダメス、戸根、田原で3点を失うが、澤村が好投して勝ち投手。中川が辛うじて無失点で抑えてセーブを挙げた。中川はピンチを作ったが、どんな形であれ1点差を守り切れるというのが今の巨人にとってどれだけ貴重か。これからも信頼している。

打線は岡本が3ランに加えて決勝点のホームを踏む活躍を見せた。打率が上がってこないので昨年と比べると見劣りしてしまうようにも思えるが、ホームランと打点は昨年同時期と変わらない。個人的に、4番にとって大事なのは打点だと思っているので、4番として最低限の仕事はできていると思う。ただ期待値はもっと上なので、さらに状態を上げていってほしい。

火曜日からは甲子園で阪神との3連戦。そのあとは中日との3連戦になるため、6連戦。今週投げた5人に加えてもう1人必要になるが、誰を使うか。二軍から高田あたりを上げるか、田口に先発させるかになりそう。阪神はここにきて調子を上げてきており、巨人と0.5ゲーム差の3位につけている。しかし今季の阪神戦は、対戦成績では大きくリードしている。菅野はいないが、高橋、今村ともう1人で勝ち越したい。

タグ:広島 野球 巨人
posted by K at 21:45 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

令和元年夏場所 千秋楽○朝乃山

千秋楽 ○御嶽海(寄り切り)朝乃山●

トランプ大統領が観戦する中での取組。立ち合いで思い切り当たった御嶽海は朝乃山を突き放して押し込む。互いに右を差す展開になったが、良い体勢の御嶽海が一気に攻め、寄り切り。御嶽海は優勝した朝乃山を破り、9勝6敗で令和初の場所を終えた。

相手が優勝した朝乃山だろうと、直前にトランプ大統領が来場して異様な雰囲気だろうと関係なし。今日が今場所でいちばん良い相撲だったかもしれない。立ち合いからの勢い、攻めの速さ、最後まで攻め切る姿勢、どれも素晴らしかった。朝乃山に対して意地を見せられた。

今場所は9勝6敗。2ケタには届かなかったが、2場所ぶりの勝ち越しで三役の座は維持。来場所は東関脇が濃厚となっている。勝った相撲は内容も良いものが多く、強さを感じさせたが、それでも10勝に届かないのは、日によって出来にかなりムラがあるからだろう。どんな力士にも力の出ない日はあるが、強い力士はその日が少ないか、もしくは調子が悪くても勝つ術を持っている。御嶽海は1場所通した成績は7勝〜9勝で安定している。あとは悪い日の底上げができれば、優勝した場所以来の10勝が見えるはずだ。


優勝した朝乃山は12勝で今場所を終えた。千秋楽は敗れたものの、1場所通して内容は充実していた。鶴竜と対戦していなかったり、栃ノ心戦の判定が微妙だったりはあるのだがそれは朝乃山のせいではないので、朝乃山には素直に喜んでほしいと思う。まだ三役どころか上位総当たりの経験すらない。来場所は新三役の可能性もあり、初日から大きな注目を浴びることになると思うが、今場所の経験を自信に変えて頑張ってほしい。

一方で、平幕の朝乃山に優勝を許す形になった上位陣は、鶴竜が11勝(準優勝)、豪栄道、高安の両大関は9勝どまりということになった。白鵬、貴景勝という注目された力士が休場する中で本来は引っ張らなければいけない立場だったが、特に両大関は序盤の取りこぼしが多すぎた。この1年で4人初優勝が出た(昨年初場所の栃ノ心を含めれば5人)が、関脇や小結、平幕にまで優勝が出ている中で、大関の優勝は一昨年初場所の稀勢の里を最後に出ていない。下位力士の奮闘は上位力士が強くあってこそ盛り上がると思うので、奮起してほしい。

今場所は審判部の問題も目立った。栃ノ心−朝乃山戦の判定もそうだし、終盤の取組編成もかなり異例なものとなり、今場所は中盤以降横綱と大関が3人しかいないにもかかわらず大関同士の対戦が組まれず、豪栄道は関脇との対戦も組まれなかった。また朝乃山に関しても鶴竜戦はなく、もっと早くから朝乃山を上位に当てていれば、結果がどうであれ取組編成はスムーズに行ったかもしれない。物言いの後の説明も含め、いろいろと改善すべきだと思う。


来場所は栃ノ心が大関に復帰。白鵬、貴景勝も戻ってくると思われるため、2横綱・4大関の場所となる。貴景勝はかど番となるが、まずどのような状態で戻ってくるのかが注目だ。また関脇以下は平成生まれが多くなりそうで、優勝した朝乃山のほか、阿炎、竜電が三役に入るかどうかといったところで、他にも正代、明生、北勝富士、遠藤、大栄翔らが平幕上位になりそう。大関の高安と貴景勝、そして御嶽海も含め、いよいよ平成生まれの力士が世代交代の波を起こせるか、注目したい。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 21:11 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月25日

2019.05.25 巨人5-7広島

2回、安部のダブルプレーの間に広島が1点を先制。広島は3回には菊池のホームランで1点、4回にはジョンソン、野間のタイムリーなどで3点を追加する。5回、ゲレーロのホームランで巨人が1点を返すが、6回、西川のタイムリーで広島が1点を追加。8回にもバティスタのホームランで1点を追加する。巨人はその裏、山本のホームラン、中島の犠牲フライ、坂本の2ランホームランで4点を返すが、反撃はここまで。広島が11連勝となった。

先発のメルセデスは4回途中5失点。今季一番安定していたメルセデスまで打たれてしまった。今季の巨人はリリーフ陣が課題とずっと言われているが、ここにきて先発陣までみんな不調に陥ってしまった。これでは勝てない。

打線は3ホームランで5点。まあホームランが出ているだけ良いのかもしれないが、相手を打ち崩すにはやっぱりつながり、タイムリーが欲しい。

明日の先発は巨人が山口、広島がアドゥワ。このところ調子を崩している山口。菅野が二軍にいる今、本来は山口が柱にならなければならない。意地を見せてほしい。対するアドゥワとは今季2度目の対戦。ただし前回はリリーフとしての登板で、そのときは2回無失点だった。その後先発に転向したアドゥワはここまで5試合に先発。1失点完投勝利も収めるなど、先発としてかなり好成績を残している。とにかく1つ勝たなければ、このまま広島に独走を許してしまう。どんな形でもいいから勝ちたい。

タグ:広島 野球 巨人
posted by K at 21:58 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする