2019年05月01日

2019.05.01 巨人5-1中日

初回、亀井のタイムリーで巨人が先制。続く陽もタイムリー、山本の内野ゴロの間に1点、そしてダブルスチールで1点を挙げ、いきなり4点を先制する。2回には坂本が、日本プロ野球の令和第1号となるホームランで1点を追加。大きなリードをもらった菅野は快調に投げ進め、完封をかけて9回のマウンドへ。ここで中日が意地を見せ、ビシエドのタイムリーで1点を返し、なおも満塁。しかし最後はダブルプレーで切り抜けてゲームセット。巨人は新元号での最初の試合という歴史的一戦を勝利で飾った。

先発の菅野は9回1失点。前回の大炎上の悔しさを晴らすような快投で今季2度目の完投勝利、令和最初の勝利投手となった。それでも完封も狙えただけに本人は悔しいだろう。そこは次しっかり決めてほしい。また、通算1000奪三振も達成した。ちなみに令和最初の奪三振も菅野が記録した。

打線は1回にいきなり4点を挙げた。他球場の試合でまだ点が入っていなかったため、攻撃関連の「令和最初」は巨人が多く達成した。ヒットこそヤクルトの太田が先に打ったが、初打点・初タイムリーは亀井が記録し、坂本が初得点。その坂本が2打席目で令和第1号ホームランを打った。やっぱりスターなんだなと、千両役者ってこういうことを言うんだろうなと思った。盗塁も亀井・山本のダブルスチールが最初のはず。そんなわけで序盤は理想的な攻撃ができたが、3回以降無得点だったのは反省したい。

明日の先発は巨人がヤングマン、中日がロメロ。これまではヤングマンとメルセデスを交互に上げて外国人枠を調整していたが、ヤングマンが前回抹消された後にクックが右ひじの違和感で登録抹消。まだ復帰のめどが立っていないため、しばらくはヤングマンとメルセデスが2人とも一軍で投げることになりそうだ。そのヤングマンは前回登板では8回無失点の好投を見せており、明日も期待がかかる。対するロメロとは今季2度目の対戦。前回は6回2失点で勝ち投手となった。今日は3回以降チャンスで点が取れなかったが、そこを修正して今日の序盤のように一気に畳みかけたい。

タグ:中日 野球 巨人
posted by K at 18:16 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする