2019年05月02日

2019.05.02 巨人9-3中日

4回、阿部のタイムリーで中日が先制。さらに平田の2点タイムリーも出て3点を先制する。巨人はその裏、ゲレーロのホームランで1点を返すと、5回、炭谷のホームランで1点差。そして岡本の天井直撃のタイムリー内野安打で同点とし、陽の3ランホームランで逆転。この回一挙5点を奪う。さらに6回にはビヤヌエバのタイムリーで1点、8回には坂本の2ランホームランで2点を追加。このリードを守り切った巨人が連勝、4カード連続の勝ち越しとなった。

先発のヤングマンは5回途中3失点。毎回ランナーを背負う苦しいピッチングとなり、早めの降板となった。今日は打線と中継ぎに感謝というところだろう。

打線は4ホームラン。炭谷が3安打と活躍した。今のところ、小林と大城も併せて捕手が3人とも打っているのが素晴らしい。先発陣も安定しているし、捕手併用は今のところ上手くいっているように思える。誰かのパフォーマンスが落ちるまではこのままでも良い気がする。

明日からはマツダスタジアムで広島との3連戦。広島は前回の対戦の勝利から波に乗って8連勝し、一時借金を完済。しかしその後4連敗。今日は勝って現在借金3の5位となっている。まだ本調子ではないが、いつ上がってきてもおかしくないし、やはり昨年までの広島戦の記憶があるので怖い。まだ状態が上がり切っていない今のうちにしっかり叩いておきたい。明日の先発は巨人がメルセデス、広島が床田。ここまで毎回しっかり試合を作っているメルセデス。広島戦は今季初登板となるが、まずは最低6イニング、できればそれ以上投げてほしい。対する床田とは今季2度目の対戦。前回は開幕2戦目で、床田は6回途中4失点、試合は巨人が勝利した。しかしそれ以降の床田は6回2失点、9回1失点、7回1失点、7回無失点と見事なピッチングを続けて現在4連勝中となっている。前回と別人くらいに思ったほうが良いだろう。まずは大事なカード初戦を取って良い流れを作りたい。

タグ:野球 中日 巨人
posted by K at 22:26 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする