2019年05月03日

2019.05.03 巨人3-6広島

2回、曾澤のタイムリーで広島が先制。その後はしばらく試合が動かなかったが、6回、バティスタの犠牲フライと鈴木のホームランで広島が2点を追加。巨人は直後の7回、阿部のタイムリー、広島のエラー、丸の犠牲フライで3点を取り、同点に追いつく。しかし8回、西川の犠牲フライと安部の2ランホームランで広島が再度勝ち越し。このリードを守った広島がカードの初戦を制した。

先発のメルセデスは6回途中3失点。途中まで踏ん張っていたが、6回に2失点を喫し、イニングを投げ切れずに降板となった。その後味方が追いついたため負けはつかなかったが、メルセデスへの期待値を考えるとあともうちょっと、というところだろうか。

打線は一度は追いついたが、わずか4安打に抑えられた。その代わりに四死球は7つももらっているが、それを点に結び付けられなかったのが残念だった。

明日の先発は巨人が今村、広島がジョンソン。前回、今季初先発で7回無失点と好投した今村。広島相手にも好投ができるか。対するジョンソンとは今季2度目の対戦。前回は3回4失点とジョンソンを打ち崩し、試合にも勝利した。今季のジョンソンは非常に調子が悪く、ここまで1勝3敗で防御率はなんと7.20。5試合に先発しながら投球回がまだ20というのが調子の悪さを表している。今のジョンソン相手にはちゃんと勝っておきたい。

タグ:巨人 野球 広島
posted by K at 23:05 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする