2019年05月05日

2019.05.05 巨人3-3広島

初回、亀井の犠牲フライで巨人が先制。しかしその裏、鈴木の2ランホームランで広島が逆転する。3回、坂本のホームランで巨人が同点とするも、4回、曾澤のタイムリーで広島が勝ち越す。そのまま試合が進み、広島の3連勝かと思われた9回、坂本のタイムリーで巨人が同点。試合は振り出しに戻り、ゲームは2日連続の延長戦へ。両チームチャンスを作るもあと1本が出ず、このままゲームセット。巨人は今季初の引き分けとなり、この3連戦は広島の2勝1分となった。

先発の山口は7回3失点。自分の仕事はちゃんとしたと思う。ただ、相変わらず四球が多いのでそこは改善していってほしい。それでも抑えてるからすごいけど。

中継ぎは6人が登板し、5イニングを無失点で切り抜けた。今季初登板だった田口は3四球を出すという非常に危ないピッチングだったがなんとか抑えた。今日は中継ぎでの登板だったが、今後どういう起用をしていくのか。

打線は坂本が2打点。本当に頼りになるキャプテンだ。ただ、坂本は良かったが、全体としては点が取れない3連戦だった。広島への苦手意識が戻ってしまっていないかが心配だ。

明日はいよいよ10連戦の最後。横浜でのDeNA戦となる。ここまで9連戦やってきて4勝4敗1分。明日の試合に10連戦の勝ち越しがかかる。先発は巨人が高橋、DeNAが東。前回、プロ初黒星を喫した高橋。しかし自己最長の7イニングを投げるなど収穫もあった。すでに歩かのチームとは対戦しているが、DeNA戦は初めて。5月も良いスタートを切れるか。対する東は、明日が今季初登板。昨年の新人王だが、オフに左ひじの違和感を訴え、開幕は二軍スタートとなっていた。二軍では5試合で2勝1敗、防御率1.25とさすがの実力を見せている。巨人はとにかくこの東を苦手にしており、昨年は東から見て6試合で5勝0敗とまったく勝てなかった。この相手を攻略し、10連戦を勝って締めたい。
タグ:巨人 野球 広島
posted by K at 22:09 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする