2019年05月06日

2019.05.06 巨人10-2DeNA

初回、坂本の2ランホームランと陽のタイムリーで巨人が3点を先制。3回には炭谷の2点タイムリー、山本のタイムリー、そして坂本の今日2本目の2ランホームランで5点を追加。8点の大量リードを奪う。DeNAは5回にロペスのホームラン、7回に宮崎のホームランでそれぞれ1点を返すが、9回、重信の2ランホームランで巨人がさらに2点を追加。巨人が快勝で10連戦の最後を締め、10連戦の勝ち越しも決めた。

先発の高橋は7回2失点。序盤に大量の援護をもらい、すいすいと投げていた印象。今日はホームランを2本打たれたが、どちらもソロホームランなのでそれほど問題はない。四球でランナーを出した後もしっかり踏ん張った。

打線は昨年全く勝てなかった天敵・東からまさかの8得点。こんなに打つとはまったく思っていなかった。坂本は今日も2ホームランを打ち、リーグトップの12号。元々ホームラン「も」打てるバッターではあったが、これほどのペースは予想外。30本も十分射程圏内だ。また、今日は山本が1番でスタメン、昇格したばかりの北村が7番で初スタメン。点差がついてからは増田や重信も出場し、重信はホームランを打つなど若手が存在感を見せた。もちろん岡本も若いし、これだけ若手が出てるとワクワクする。

10連戦が終了し、5勝4敗1分と勝ち越した。ホームの試合のほうが多かったので、最低限の結果は残せたのではないかと思う。広島が上がってきているのが怖いが、まずは自分たちの調子を落とさないようにしたい。

明日は移動日で、あさっては新潟で再びDeNA戦。変則的なカードになっている。先発はおそらく菅野だろう。DeNA戦では前回完投勝利を挙げている。あさっても期待。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 21:31 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする