2019年05月08日

2019.05.08 巨人-DeNA

初回、宮崎のタイムリーとロペスの2ランホームランでDeNAがいきなり3点を先制。直後の2回、マルティネスのタイムリーで巨人が1点を返す。5回、筒香のタイムリーでDeNAが1点を追加。DeNAは6回にも乙坂のタイムリーで1点を追加し、リードを4点に広げる。しかし7回、巨人は坂本のタイムリー、岡本の押し出し四球で2点を返し、さらに亀井の3点タイムリーで逆転。さらに重信にも2点タイムリーが出て、この回なんと7点を挙げ大逆転。このリードを守り切った巨人が連勝となった。

先発の菅野は6回5失点(自責4)。初回にいきなり3点を奪われ、その後も失点するという菅野らしからぬピッチングだった。しかし今日の成績でも負けるどころか勝ち投手になるのだから今日はラッキー。いつもチームを助けているので、たまにはこういう勝ちもいいだろう。

中継ぎは田口、アダメス、中川のリレーで無失点。中川が今季初セーブを挙げた。ここまで14試合に投げていまだ無失点。不安定なリリーフ陣の中で一番信頼のおける投手になっている。このまま抑えとして定着するだろうか。

打線は7回に大逆転。6回までは相手先発の大貫をなかなか打ち崩せずにいたが、ピッチャーが代わった7回に打者一巡の猛攻を見せた。このイニングだけで5四球をもらっており、巨人がどうというより、DeNAの調子の悪さが出たように見えた。なお、坂本は7回のタイムリーで開幕から33試合連続出塁となり、王さんの球団記録に並んだ。これまでの1位が王さん、2位が長嶋さんだったというところでいかにすごい記録かがわかる。ちなみにセリーグ記録は金本さんの35試合であと2試合に迫っている。

明日は移動日で、あさってからは東京ドームに戻ってヤクルトとの3連戦。ここで勝ち越して首位の座を固めていきたい。



タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 21:35 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする