2019年05月10日

2019.05.10 巨人19-7ヤクルト

2回、西浦の2ランホームランでヤクルトが先制。4回には西浦のタイムリー、小川の押し出し四球、山崎のタイムリー内野安打で3点を追加。ヤクルトが5点のリードを奪う。しかしここから巨人が猛攻。その裏、亀井のタイムリー、田中の犠牲フライなどで4点を返し、さらに坂本のタイムリーが出てこの回5点で同点とする。続く5回には岡本のホームランで勝ち越すと、亀井の連続ホームラン、坂本の3点タイムリーで2イニング続けての5点。ヤクルトは6回に渡邉、7回に山田のホームランでそれぞれ1点を返し3点差とするが、その裏、丸の押し出し四球、岡本のタイムリー、石川の2点タイムリー、そして田中の満塁ホームランが出て一挙8点。8回にも石川のタイムリーで1点を追加した巨人が圧勝、首位攻防3連戦の初戦を制した。

先発のヤングマンは4回途中5失点。正直ヤングマンが降板した時点では勝つとは思ってなかった。おとといの菅野の時もそうだが、先発が速く降板した試合でも勝てるのは良いことだ。

打線は23安打19得点と大爆発。坂本、丸、途中出場の陽が3安打、岡本に至っては4安打を放った。ちょっとくらい明日に取っておいても、と思わなくもないが、こうやって打つことで調子を上げる選手もいるだろうし、打てるだけ打ったほうが良いか。特に岡本とか田中あたりには今日をきっかけに上がっていってほしい。

明日の先発は巨人がメルセデス、ヤクルトが石川。登板した全試合を3失点以下に抑え、安定しているメルセデス。今日は勝ったとはいえ中継ぎは結構使ってしまったので、明日のメルセデスにはできれば7回くらい投げてほしいところ。対する石川とは今季2度目の対戦。前回は5回途中4失点で勝ち負けつかず。試合は終盤に点を重ねたヤクルトが勝利した。打ち疲れたということがないように、今日の勢いをつなげたい。

posted by K at 23:11 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする