2019年05月12日

2019.05.12 巨人1-4ヤクルト

初回、亀井の犠牲フライで巨人が先制。しかし3回、ヤクルトは山崎、雄平、川端のタイムリーが出て3点を奪い逆転する。その後、巨人はランナーを出すものの得点を奪えず。逆に9回、太田のタイムリーでヤクルトがダメ押し。ヤクルトが連勝でカード勝ち越しを決めた。

先発の山口は3回3失点。5安打4四球と制球が荒れた。今季は勝った試合も四球が多い。そこを改善していってほしい。

打線はわずか4安打。開幕からの連続出塁のセリーグ新記録がかかっていた坂本は第1打席でヒットを打ってあっさり記録を達成したが、そこから取った1点のみだった。本当はいけないのだが、なんか坂本が打ったからいっか、みたいな気になっている。

あさってからは、このまま東京ドームで阪神との2連戦。阪神には今季まだ負けていない。ここも2連勝を狙っていきたい。先発は高橋と菅野となるだろう。

posted by K at 23:59 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする