2019年05月17日

令和元年夏場所 6日目○琴奨菊

6日目 ○御嶽海(寄り切り)琴奨菊●

立ち合い、御嶽海は当たると同時にもろ差しとなり、一気に寄る。琴奨菊は一度は凌ぎ、反撃の隙をうかがうが、御嶽海が攻め続けて寄り切り。御嶽海が連勝で4勝目を挙げた。

もろ差しになるのを狙った立ち合いだったと思うのだが、それが完璧に決まった。そこからの攻めも速く、迷いがなかった。相性のいい琴奨菊相手だからというのもあるかもしれないが、自信をもって取っているように見えた。

明日の相手は碧山。小結同士の対戦となる。過去の対戦は1勝2敗で、直近の対戦は叩き込みで碧山が勝っているが、これは平成29年の秋場所で2年近く前のものとなる。碧山はその2年前の秋場所と次の九州場所で休場があったのもあり、一時は十両に落ちた。その後もなかなか上に戻ってこられなかったが、先場所12勝の好成績を挙げ、平成27年初場所以来、4年以上ぶりに三役に返り咲いた。今場所はここまで1勝5敗。本場所でやるのは久しぶりだが、同じ一門なので場所前の稽古などではよく顔を合わせているはずで、したがって特徴もよくわかっているだろう。御嶽海にとっては苦手な巨漢力士だが、逸ノ城戦でやったような下からの突き押しを徹底したい。あとはとにかく引かないことだろう。

過去の対戦
28初 ●御嶽海(突き出し)碧山○
28九 ○御嶽海(押し出し)碧山●
29秋 ●御嶽海(叩き込み)碧山○

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 22:41 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019.05.17 巨人4-1中日

前半は巨人・ヤングマン、中日・勝野の両先発が好投し、5回まで両チーム無得点が続く。試合が動いたのは6回、岡本の2点タイムリーで巨人が先制。さらに亀井の内野ゴロの間にもう1点追加する。その裏、中日もノーアウト満塁のチャンスを作り、福田の犠牲フライで1点を返すが、この1点にとどまる。逆に9回、炭谷のタイムリーで1点を追加した巨人が勝利。連敗を4で止めた。

先発のヤングマンは6回途中1失点。5回までは3安打無四球で0点に抑える好投を見せていたが、味方が先制した直後に3四死球を出して降板となった。先制したのが自分のヒットがきっかけだったので、攻撃のほうで疲れが出たのかもしれないが、そこは修正していってほしい。それ以外は良いピッチングだった。

打線はプロ初登板・ルーキーの勝野に苦戦するも、わずかなチャンスを点に結び付けた。決勝点は岡本で、やっぱり4番が打てればそれだけ勝つ可能性は高くなるということだろう。

明日の先発は巨人がメルセデス、中日が柳。メルセデスは中日戦今季2度目の登板。前回は7回3失点と試合を作ったが、打線の援護がなく負け投手となった。メルセデスは安定しているので、明日も期待。対する柳とは今季初対戦。柳は今季7試合に投げ、3勝1敗、防御率3.30。先週の阪神戦では8回無失点という素晴らしいピッチングを見せた。メルセデスはきっと試合を作ってくれると思うので、打線も着実に点を取っていきたい。

タグ:中日 野球 巨人
posted by K at 22:15 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする