2019年05月20日

令和元年夏場所 9日目○北勝富士

9日目 ○御嶽海(押し出し)北勝富士●

立ち合いは互角。北勝富士ののど輪で御嶽海の体がのけ反ったが、御嶽海は下から押して応戦。北勝富士が引いたのに乗じて前に出て、そのまま一気に押し出し。御嶽海は同学年のライバルを退け、6勝目を挙げた。

押し相撲同士の真っ向勝負で勝つのは見ていて気持ちいい。単純なパワーは互角ではないかと思うが、今日に関しては御嶽海のほうが下から押すことができたので、北勝富士を引かせることができた。でもちょっとタイミングや判断を間違えればやられる力を持っているし、今後もライバル関係は続いていきそう。

明日の相手は栃ノ心。御嶽海にとっては最後の三役以上との対戦となる。過去の対戦は3勝7敗で、先場所は上手投げで栃ノ心が勝利した。2場所連続の負け越しで関脇に転落した栃ノ心だが、大関復帰をかけて臨んだ今場所はここまで好調。8勝1敗とすでに勝ち越しを決め、大関復帰となる10勝まではあと2勝。優勝争いでも鶴竜、朝乃山と並んでトップに立っている。ただ、昨日初黒星を喫し、今日は貴景勝の休場により不戦勝で相撲を取らなかった。これが吉と出るか凶と出るか。もし1日休みがあったのが悪いほうに出れば、御嶽海にもチャンスが広がる。非常に相性の悪い相手だが、勝てば10勝が見えてくる。とにかく捕まらないようにしたい。

過去の対戦
28夏 ○御嶽海(押し倒し)栃ノ心●
28名 ●御嶽海(寄り切り)栃ノ心○
29名 ●御嶽海(寄り倒し)栃ノ心○
29秋 ○御嶽海(寄り切り)栃ノ心●
30初 ●御嶽海(吊り出し)栃ノ心○
30春 ●御嶽海(肩透かし)栃ノ心○
30夏 ●御嶽海(寄り切り)栃ノ心○
30秋 ○御嶽海(寄り切り)栃ノ心●
30九 ●御嶽海(寄り切り)栃ノ心○
31春 ●御嶽海(上手投げ)栃ノ心○


昨日再出場した貴景勝は1日で再休場ということになった。まあ、出続けたとしてもあの感じだと勝ち越しは厳しいだろうし、ケガが悪化するリスクを考えれば休むのはしょうがない。しかし再出場の判断が甘かったというのは言われても仕方ないだろう。今日の相手の栃ノ心が不戦勝になったので、優勝争いにも多少影響を与えてしまったし。今度こそしっかり治してから出てきてほしい。

優勝争いは、1敗の鶴竜、栃ノ心、朝乃山がいずれも勝利。2敗で炎鵬、琴恵光が追いかける形となっている。これから上位同士の対戦が始まるので、3敗までだったらまだ可能性は残っているかなと思う。炎鵬は新入幕でこの成績、素晴らしいと思う。目標にしている技能賞獲得も見えてきている。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 22:48 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする