2019年06月04日

2019.06.04 巨人3-2楽天

5回、陽のホームランで巨人が先制。しかしその裏、ブラッシュのホームランで楽天がすぐに同点とする。8回、浅村のホームランで楽天が勝ち越し。このまま楽天が勝つかと思われた9回、ビヤヌエバの2ランホームランが出て巨人が土壇場で逆転。その裏、楽天はチャンスを作るも、巨人・小林が牽制でランナーを刺すなどし、無得点でゲームセット。今年の交流戦、巨人は白星スタートとなった。

先発の今村は6回1失点。先制した直後に追いつかれたのは反省点だが、2試合連続でQS達成ということで、山口に続いて今村も調子が戻ってきたか。このピッチングが続けられれば白星もついてくるだろう。

打線は2ホームラン。楽天も含め、今日は全得点がホームランによるものだった。ビヤヌエバはこの前の満塁ホームランに続いて良いところで打った。また、今日から打線を組み替え。これまでずっと4番だった岡本を6番に下げ、坂本を4番に。1番重信、2番山本、3番丸、4番坂本という上位打線になった。またDHは阿部で来るかと思ったが、打撃好調の大城を使った。しばらくこの打順で行くとすれば、坂本が勝負を避けられないようにするために5番は非常に大事。試合によっては阿部やゲレーロが入る日もあるだろうが、大城には期待している。

明日の先発は巨人が田口、楽天が古川。田口は今季初先発。5月はロングリリーフ要員として中継ぎで投げていたが、菅野の離脱、先発陣の不振による二軍落ちによって先発の機会が回ってきた。直近では5月30日に2回3分の1を投げており、そこから中5日での登板となる。まずは5回を投げ切ってほしい。対する古川は今季6試合に登板し、1勝2敗、防御率5.18。1度4回8失点という炎上があったため防御率は悪いが、それ以外はすべて3失点以下、4試合でQSを達成しており、数字ほどは悪くない。ただ、ここは今日の勢いのまま一気に勝ち越したい。

タグ:巨人 野球 楽天
posted by K at 23:53 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする