2019年06月09日

2019.06.09 巨人11-3ロッテ

2回、陽のタイムリーで巨人が先制。さらに若林の内野ゴロの間にもう1点追加する。巨人は3回には亀井のホームランと大城のタイムリーで2点、4回には若林のホームランと坂本のタイムリーで2点を追加し、6点をリードする。ロッテは5回、鈴木のホームランで2点を返すと、8回には中村のタイムリーが出て3点差と迫る。しかしその裏、亀井、丸のタイムリー、そして阿部の3ランホームランで巨人がダメ押しの5点を追加。このまま勝利した巨人がカード勝ち越しを決めた。

先発の菅野は6回2失点。約1か月ぶりの登板ということで心配していたが、初回の満塁のピンチを無失点で切り抜けると、その後はホームランの2失点のみに抑えた。与四死球4というのと、今日もホームランを打たれたのは不安は残るものの、復帰初戦としてはまずまずのピッチングだったと思う。

打線は約1か月ぶりの2ケタ得点。タイムリーあり、ホームランありと、久々につながった打線を見た気がした。なお、阿部は今日の田中からのホームランで、229人の投手からホームランを打ったことになり、単独での歴代最多記録となった。長くやらないとできない記録。すごい。

火曜日からはメットライフドームで西武との3連戦。ここからビジターでの6連戦となる。ここを五分で乗り越えられれば勝ち越しが見えてくる。西武は現在パリーグ4位。得点、失点ともに12球団最多といういかにも西武らしい野球をしている。ちなみに得点2位は巨人であり、巨人はホームラン、打率ともに12球団トップ。打ち合いとなる可能性もあり、投手陣がどれだけ抑えられるかがカギだ。

posted by K at 23:27 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019.06.08 巨人5-6ロッテ

2回、陽のホームランで巨人が先制。しかし4回、鈴木のホームランでロッテが同点。5回には清田のタイムリーでロッテが勝ち越す。巨人はその裏、坂本のホームランで同点とし、6回には亀井の打球が相手のフィルダースチョイスを誘い勝ち越す。しかしこのまま勝利かと思われた9回、鈴木のタイムリーでロッテが同点。さらに中村、菅野のタイムリーで3点を勝ち越す。巨人はその裏岡本の2ランホームランで1点差と迫るがあと一歩及ばず、ロッテが勝利。このカードは1勝1敗となった。

先発の山口は6回2失点。今日も試合はしっかり作った。山口にはできればもう1イニング投げてほしいところだが、球数と6回に打席が回ってきたことを考えるとしょうがないか。

その後森福、澤村が無失点で9回につないだが、中川がつかまった。さらに田原も流れを止められず、計4失点。この回同点か、せめて1点ビハインドでとどめておけば勝っていたかもしれないだけに痛すぎる4点だった。ただ、今は中川が打たれたらしょうがないくらいの信頼はあるので、これを引きずらないのが大事。次しっかり抑えてくれればいい。

打線は5点取ったが、タイムリーは無し。ランナーはためていたが、チャンスでの1本というのが出なかった。

明日の先発は巨人が菅野、ロッテが石川。菅野が5月15日以来の登板となる。5月15日は10失点でKOとなり、その後21日に腰の違和感で登録抹消。その後は慎重に調整をしてきたようだ。抹消される前は菅野らしからぬピッチングが続いていて、それと腰の違和感がどの程度関係があるのかわからないが、とにかく本人がいけるというのだから信じるしかない。本来の菅野に戻っているならば、とりあえずHQS(7回2失点)は期待したいところだ。対する石川は今季9試合に投げ、3勝2敗、防御率4.50。このところ3連勝中だが、その中でも6回4失点の試合があったり、その前には4回6失点の試合もあるなど波がある。菅野の復帰戦、打線がしっかりと援護したい。

posted by K at 01:02 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする