2019年06月13日

2019.06.13 巨人8-2西武

初回、丸のタイムリーで巨人が先制。巨人は4回には炭谷の3ランホームラン、5回には阿部の2ランホームラン、7回には若林の2点タイムリーと点を積み重ね、8-0と大きくリードを奪う。西武はその裏、木村のホームランで1点を返し、9回にも金子のタイムリーで1点を返したが差は大きく、これでゲームセット。巨人が連勝で、交流戦3カード連続の勝ち越しとなった。

先発の桜井は7回1失点。強力な西武打線をわずか4安打1失点に抑えた。失礼ながら「ほんとに桜井か?」と思ってしまうような2試合連続の好投。このままローテーションに定着することができるか。

打線は効果的に得点を重ねた。阿部も良かったが、今日は炭谷。3ランホームランで流れを大きく引き寄せた。今日は桜井もしっかりリードしてたし、炭谷の存在感も徐々に高まってきている。また今日は先日支配下登録されたばかりの加藤が一軍初昇格、即初出場。阿部の代走で出場し、若林のタイムリーでホームを踏んだ。二軍では3割近い打率も残しており、次は初ヒットを目指して頑張ってほしい。

明日からは札幌ドームへ移って日本ハムとの3連戦。日本ハムは昨日の時点でパリーグ2位、交流戦は1位と好調。昨日はドラフト1位ルーキーの吉田が初先発初勝利を挙げるなどチーム全体が波に乗っている。ただ巨人もメルセデス、山口、菅野が先発すると思われるので、最低でも1勝、できれば勝ち越しを狙いたい。

ということで、明日の先発は巨人がメルセデス、日本ハムが有原。前回、6回途中2失点で勝ち投手となったメルセデス。試合は作ったが、メルセデスへの期待値を考えるともう少しイニングを投げてほしい。できれば7回くらいまで。対する有原は今季10試合に先発し、7勝2敗、防御率1.80。7勝は両リーグ通じてトップ、防御率もリーグ3位と、日本ハムのエースとなっている。チャンスは少ないかもしれないが、そのチャンスを確実に活かしていきたいところだ。

タグ:西武 野球 巨人
posted by K at 21:36 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019.06.11 巨人0-4西武 06.12 巨人9-4西武

11日 初回、巨人のエラーで西武が先制。その後はしばらく試合が動かなかったが、6回、中村、メヒアのタイムリーで西武が3点を追加。巨人はその後ランナーを出すものの得点を奪えず、このままゲームセット。カードの初戦は西武が制した。

12日 初回、亀井の先頭打者ホームランで巨人が先制。3回には岡本のタイムリーで1点を追加する。その裏、西武は山川の3点タイムリーで逆転するが、4回、炭谷の2点タイムリー、丸のタイムリーで3点を取り再逆転する。その裏、源田のタイムリーで西武が1点を返す。その後はしばらく試合が動かなかったが、8回、亀井の3点タイムリーと坂本のタイムリーで巨人が4点を取り突き放した。巨人が勝利し、このカードは1勝1敗となった。

先発は11日の今村が6回4失点、12日の田口が4回途中4失点。どちらも結果を残せたとは言えず、とくに田口は2試合連続で5回のマウンドにも上がれずということで二軍落ちが決まった。復活してもらわないと困るピッチャーなのだがなかなか調子が上がらない。

今日は3番手の高木が勝ち投手となった。正直、高木は過去のことがあるので、ちゃんと処分を受けたというのはわかっていてもまだ応援する気にはならないし、話題にするのも避けていた。ただそれでも今日は書かざるを得ないくらいのピッチングだった。今日は間違いなく高木が勝利を引き寄せたと思う。

打線は11日はわずか3安打だったが、今日は11安打で9点を奪った。1番・亀井が機能していて、坂本、丸まで3人とも打率が3割を超えるという強力な上位打線を作っている。ただ亀井ももうすぐ37歳とかなりのベテランなので、いつまで続くかという不安はある。亀井の調子が落ちてきたときに代わりに1番ができる選手に出てきてほしい。

明日の先発は巨人が桜井、西武が郭。前回、7回途中1失点という期待以上の好投を見せた桜井。果たしてそのピッチングは本物か。明日はQSができれば十分だと思うが、どうなるか。対する郭は今季1試合に投げて1勝0敗、防御率3.00。交流戦から一軍に昇格し、先週の広島戦では6回2失点で勝ち投手となった。打線は今日の勢いを持続させたい。明日勝てば交流戦の勝ち越しも現実的になってくるのでぜひ勝ちたい。

タグ:巨人 野球 西武
posted by K at 00:42 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする