2019年06月15日

2019.06.15 巨人8-5日本ハム

初回、押し出し四球と阿部の2点タイムリーで巨人が3点を先制。巨人は2回に丸のホームランで2点、3回には小林のタイムリーで1点、4回には岡本のホームランで1点、5回には日本ハム・吉田のワイルドピッチで1点と小刻みに点を追加し、8-0と大量リードを奪う。日本ハムは7回に清水のタイムリーで1点を返すと、8回には渡邉の犠牲フライでさらに1点。そして9回には石井の3ランホームランが出て3点差まで迫るが、最後は抑えの中川が締めてゲームセット。巨人が逃げ切って、このカードは1勝1敗となった。

先発の山口は8回2失点(自責0)。今季最長タイの8イニングを投げた。2失点はしているが、どちらも失策が絡んでいるため自責点は無し。相変わらず死球が多いのはどうにかしてほしいが、それ以外は今日はナイスピッチングだった。

山口が8回まで投げたものの、9回に登板した鍬原が1アウトも取れず3失点。最終的に中川を出すことになってしまった。鍬原はここまで防御率0.00をキープしていて、リリーフとして期待しているのだが、今日は残念だった。

打線は前半に大量得点を奪った。初回に3点を奪った後もじわじわと点差を広げていったのが良かった。若林は今日も2安打に好走塁と攻撃では活躍を見せたが、守備では2失策。いずれも失点につながった。まあ今日は勝ったからよかったが、今後は守備のほうもレベルアップしていってほしい。

明日の先発は巨人が菅野、日本ハムが杉浦。復帰初戦の前回は6回2失点とまずまずの結果だった菅野。前回を経て調子を戻しているかどうか。菅野にはやはり7回くらいは投げてほしいところ。対する杉浦は今季4試合に投げ、2勝1敗、防御率2.33。最長でも5回までしか投げていないものの、成績は悪くない。ここまで3カード連続で勝ち越している。明日も勝って勝ち越しを決めたい。

posted by K at 22:32 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする