2019年06月16日

2019.06.16 巨人7-3日本ハム

初回、大田、中田、渡邉のタイムリーで日本ハムがいきなり3点を先制する。しかし直後の2回、巨人は日本ハム・杉浦のワイルドピッチでまず1点を返すと、重信の犠牲フライと炭谷のタイムリーで同点、さらに坂本の2点タイムリーで逆転に成功する。巨人は4回には亀井の内野ゴロの間に1点、5回には若林の犠牲フライで1点を追加。このリードを菅野、マシソン、中川のリレーで守った巨人が連勝、交流戦4カード連続の勝ち越しとなった。

先発の菅野は7回3失点。初回にノーアウトからの4連打を含む5安打を浴びて3失点ととんでもない立ち上がりになったが、直後に味方が逆転した後は7回までで相手に1安打しか与えない別人のようなピッチングで勝ち投手となった。ホームランも打たれず。2回以降が本来の菅野の姿だが、今日のピッチングで取り戻すことができたのか。まだ様子見かな。

打線は7得点。タイムリーで取ったのは3点だが、逆に犠牲フライとか内野ゴロの間にとかそういう形で点がきっちり取れているのが良いと思う。そういうことができるチームのほうが強いイメージがある。途中交代した坂本の状態が心配だが、大事をとったものだと思いたい。

これで交流戦4カード連続勝ち越し。8勝4敗で交流戦ではソフトバンク(7勝3敗2分)とゲーム差なしの2位につけた。まだソフトバンクとの対戦も残っているため、自力優勝の可能性が残っている。まずは確実に交流戦勝ち越しを達成したいが、ここまで来たならば交流戦優勝も狙ってほしい。残りはすべて東京ドームだ。

火曜日からはオリックスとの3連戦。オリックスはパリーグでは最下位に沈んでいるが、交流戦はここまで6勝4敗1分で4位につけている。火曜日には現在防御率1位の山本も登板するものと思われ、手ごわい相手だと思ったほうが良いだろう。巨人は今村、桜井、そして田口の代わりには高田が投げると言われている。若い3人で交流戦優勝に望みをつなげたい。

posted by K at 21:42 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする