2019年06月30日

2019.06.29 巨人6-2ヤクルト

4回、陽の2点タイムリーで巨人が先制。7回には押し出し四球とヤクルトのエラーで3点を追加する。さらに9回には坂本のホームランで1点を追加。その裏、ヤクルトは中山の2ランホームランで2点を返したが反撃はここまで。秋田での2連戦、初戦は巨人が制した。

先発の山口は7回無失点。リーグ戦再開の初戦を任されたが、見事なピッチングで勝利に導いた。これで6月は4勝目。6月の防御率は0.77とすさまじく、今季2度目の月間MVPも見えてきた。菅野が良くない今、柱は山口。この調子でいってもらいたい。

打線は相手のミスにも乗じて6点。坂本に久々の一発が出た。交流戦でかなり調子を落とし打率も3割を切ったが、この一発できっかけをつかんでほしい。

明日の先発は巨人がメルセデス、ヤクルトが高梨。6回を投げ切れない試合が続くメルセデス。とにかくまずは6回、できれば7回まで投げてほしい。対する高梨とは今季2度目の対戦。前回は5回1失点と抑えられて敗れた。巨人は今、広島が不調のため2.5ゲーム差の首位に立っているが、5月のことを考えればいつ調子を戻してもおかしくない。だから今のうちに勝てるだけ勝って、差を広げられるだけ広げたい。明日も勝ちたい。

posted by K at 00:15 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする