2019年08月31日

2019.08.30 巨人4-1阪神

初回、岡本のタイムリーで巨人が先制。しかしその裏、マルテのタイムリーで阪神がすぐに同点とする。その後は両チームランナーを出しながらも次の1点が入らなかったが、7回、丸のタイムリーで巨人が勝ち越し。そして9回には再び丸が2ランホームランを打ち突き放した。巨人は3連勝で貯金を18とし、マジックを17に減らした。

先発の高橋は4回1失点。失点はわずか1だったが、今回も球数が多く、四球も3と多めだったので5回まで投げられなかった。被安打は3と抑えているので、四球と球数を減らしていくことが課題だ。

高橋の後にマウンドに上がった田口はランナーを出しながらも3回無失点の好投を見せ、勝ち投手となった。今季の田口は個人的には打たれている印象のほうが強くて正直あまりいいイメージはなかったのだが、このところは無失点が続いているし、勝ち試合でも負け試合でも、ワンポイントでもイニング跨ぎでも何でもやっている感じで、勝ちパターンではないけどいないと困る投手になっている。まだ若いのでいずれは先発に再挑戦してほしい気持ちもあるが、今季はひとまず今の役割を全うしてほしい。

打線は丸が4安打3打点の大活躍。最後もファインプレーでゲームセットにするなど今日は丸の日だった。ホームランのペースも少し上がってきており、30本に届く可能性もある。

これで3連勝となったが、DeNAも勝ち続けているためマジックは1つずつしか減っていかない。ただDeNAもいつか絶対負けるので、巨人としては2勝1敗ペースを続けていきたい。

明日の先発は巨人が山口、阪神が西。先週久々の負け投手となった山口。阪神戦は今季負けなしだが、防御率は3.95で良くはない。中5日となるが、まずは試合を作って、そこからできるだけ長いイニングを。対する西とは今季5度目の対戦。防御率2.63と抑えられているものの、西に白星がついたことはまだない。この相性の良さを活かしたい。

タグ:阪神 野球 巨人
posted by K at 00:47 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする