2019年09月18日

2019.09.18 巨人1-3中日

序盤は得点が動かず。5回、田中のタイムリーで巨人が先制する。巨人の先発・高橋は6回までノーヒットノーランのピッチングを続け、快挙まであとアウト9つに迫るが、7回、初ヒットを許すとピンチを作り降板。その後、阿部のタイムリーで同点となり、大島の2ランホームランで中日が逆転する。巨人はその後チャンスを作るが点を奪えずゲームセット。巨人は敗れ、マジックは4のまま。

先発の高橋は7回途中2失点。6回までは1四球と2失策があるもののヒットを許さない素晴らしいピッチングを続けていたが、初安打からピンチを作って降板。後続がしっかり2人ともランナーを返したため負け投手となってしまった。打線の援護にも恵まれなかったが、今日はナイスピッチングだった。

打線は坂本がスタメンを外れ、山本がショート、田中がセカンドに入った。その田中がタイムリー、山本はきっかけとなる死球で出塁したが、その1点のみに終わった。ヒットは出ていたがあと1本が出なかった。

明日の先発は巨人がメルセデス、中日が小笠原。メルセデスは9月3日以来の登板。そのときも中日戦で3回途中2失点で降板し、試合も敗れている。ここにきての連敗は避けたいので、まずは試合を作って、最低限6イニングくらいは投げてほしい。対する小笠原とは今季3度目の対戦。過去2試合は1勝1敗、防御率4.91。前回の対戦は6回途中2失点で、試合は中日が勝利している。今日の分も打ちたい。

タグ:巨人 中日 野球
posted by K at 23:58 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする