2019年10月23日

2019日本シリーズ第2戦〜第4戦結果

第2戦 巨人3-6ソフトバンク
巨人・メルセデス、ソフトバンク・高橋礼、両先発が4回までパーフェクトに抑える好投を見せる。試合が動いたのは7回。松田の3ランホームランでソフトバンクが先制する。続く8回には柳田のホームランと福田の2ランホームランでソフトバンクが3点を追加。巨人は9回、岡本のタイムリー、阿部のタイムリーで3点を返すが、反撃はここまで。ソフトバンクが2連勝とした。

第3戦 巨人2-6ソフトバンク
初回、亀井の先頭打者ホームランで巨人が先制。しかし直後の2回、グラシアルのホームランでソフトバンクがすぐに同点とする。3回、デスパイネのタイムリーでソフトバンクが勝ち越し。その裏、亀井の2打席連続ホームランで巨人が同点とする。4回、ソフトバンクは長谷川の犠牲フライ、柳田の押し出し四球、デスパイネの2点タイムリーで一挙4点を勝ち越し。巨人はその裏満塁のチャンスを作るがそれを逃すと、それ以降はチャンスらしいチャンスも作れずゲームセット。ソフトバンクが3連勝となった。

第4戦 巨人3-4ソフトバンク
4回、グラシアルの3ランホームランでソフトバンクが先制。6回、岡本の2ランホームランで巨人が1点差とする。しかし7回、ソフトバンクは巨人のエラーで1点を追加。その裏、丸のタイムリーで巨人が再び1点差とするが、同点にはできず。結局このままゲームセットとなり、ソフトバンクが4連勝で3年連続の日本一となった。


もうちょっと勝負になると思っていた。ソフトバンクは言うまでもなく強いが、シリーズが始まる前はそれでも勝てると本気で思っていたし、2連敗した後でもなんとか福岡までは、と思っていた。だがすべてにおいて、本当にすべての、あらゆる要素においてソフトバンクのほうが上だった。先発も、中継ぎも、打撃も守備も走塁もすべて。でも一番差があったのは経験ではないかと思う。巨人は日本シリーズに出場するのは6年ぶりだったが、巨人が出ていない5年間でソフトバンクは4度日本一になっている。日本シリーズ初出場の選手が多い巨人と、ほとんどの選手が日本シリーズを経験しているソフトバンク。その差が守備とかに出たんじゃないだろうか。完敗だった。だが、今年巨人は日本シリーズに出た。その経験はちゃんと残る。この経験をちゃんと力に変えて、次こそは日本一になってほしい。ソフトバンクの皆様、日本一おめでとうございます。

最後に、阿部にとっては今日が現役最後の試合となった。今日はスタメンからは外れたが、6回に代打で登場。この打席はデッドボールで出塁し、その後はファーストの守備に。8回に回ってきた現役最後の打席はセカンドゴロとなった。阿部を日本一で送り出せなかったのは何よりも残念だが、これからは指導者として(おそらくまずはコーチとして)、巨人を日本一へと導いてくれると思う。また、マシソンも試合終了後に今季限りで退団し、来年の東京五輪でカナダ代表としてプレーをした後に引退すると表明した。マシソンについては東京五輪を目標にしているのは知っていたし、来季までなのかなとは思っていたが、今季限りで退団というのは驚いた。おそらく日本の他球団に行くわけではなく、カナダに戻って五輪を目指すんじゃないかと思われる。リーグ3連覇に大きく貢献してくれたし、その後もチーム随一の安定感だった。間違いなく巨人史に残る助っ人中継ぎだった。ぜひ東京五輪でもマシソンが投げる姿を見たいので、頑張ってほしい。阿部、マシソン、今までありがとう、そしてお疲れさまでした。

posted by K at 23:13 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

2019日本シリーズ第1戦 巨人2-7ソフトバンク

2回、阿部のホームランで巨人が先制。しかしその裏、グラシアルの2ランホームランでソフトバンクが逆転する。その後はしばらく試合が動かなかったが、6回、中村の犠牲フライでソフトバンクが1点を追加する。7回には牧原の2点タイムリー、柳田のタイムリー、福田の内野ゴロの間の1点で計4点を挙げる。巨人は9回、大城のホームランで1点を返すが差は大きく、これでゲームセット。初戦はソフトバンクが制した。

先発の山口は6回3失点。逆転ホームランを打たれた後も粘ってはいたが、6回に痛恨の1点を失った。連続四死球が非常に痛かった。それでも最低限試合は作ったが、味方の援護がなかった。

打線も2本のソロホームランの2点のみ。阿部のホームランで勢いがつくかと思ったのだが、その後は千賀を打てなかった。岡本までの上位4人で坂本の1安打しかなかったのは明日以降に向けても不安が残る。

今日に関しては先発も中継ぎも打線もすべてでソフトバンクのほうが上だった。そして中継ぎに関しては明日以降もソフトバンクのほうが上なのは変わらないだろう。なので残る先発と打線でソフトバンクを上回らなければいけない。特に打線は早々に調子を取り戻したい。

明日の先発は巨人がメルセデス、ソフトバンクが高橋礼。

posted by K at 22:49 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月18日

プロ野球ドラフト会議2019 12球団1位指名選手&巨人全指名選手

本日、プロ野球ドラフト会議2019が行われた。今年の全球団の1位選手と巨人が指名した全選手のまとめ。


各球団1位指名(○は抽選で当たり、×は抽選で外れたことを示す)

セリーグ
巨人 奥川恭伸×→宮川哲×→堀田賢慎
DeNA 森敬斗
阪神 奥川恭伸×→西純矢
広島 森下暢仁
中日 石川昂弥○
ヤクルト 奥川恭伸○


パリーグ
西武 佐々木朗希×→宮川哲
ソフトバンク 石川昂弥×→佐藤直樹
楽天 佐々木朗希×→小深田大翔
ロッテ 佐々木朗希○
日本ハム 佐々木朗希×→河野竜生○
オリックス 石川昂弥×→河野竜生×→宮城大弥


ドラフト前に大きく注目されていたのは佐々木、奥川、森下の3人だったが、佐々木はパリーグ4球団競合の末にロッテが、奥川はセリーグ3球団競合の末にヤクルトがくじを当てた。そして森下は広島が一本釣りとなった。一方、中日が1位指名を公言していた石川がソフトバンク、オリックスと競合するも、公言していた中日が見事引き当てた。DeNAは地元・桐蔭学園の森を一本釣りした。

外れ1位では阪神が西、ソフトバンクが佐藤、楽天が小深田を単独指名する中、巨人と西武が宮川で、日本ハムとオリックスが河野で再び競合し、西武と日本ハムがくじを当てた。結局、外れ外れ1位で巨人が堀田を、オリックスが宮城を指名し1位指名は終了となった。

2年連続で競合して当てた中日とロッテのくじ運の強さ(この2チームはそれ以前も強い)、そして巨人の異常なまでのくじ運のなさ。3球団くらいならいけるんじゃないか、ずっと当たってないからそろそろ当たるんじゃないかとか思ってた自分がバカだった。ここまで外すんだから、どうせなら当たるときは歴史に残るような選手であってほしい。いつになるかわからないが。


続いて巨人が指名した全選手。

支配下選手
1位 堀田賢慎(ほった・けんしん) 高校生 青森山田高校 投手
2位 太田龍(おおた・りゅう) 社会人 JR東日本 投手
3位 菊田拡和(きくた・ひろかず) 高校生 常総学院高校 内野手
4位 井上温大(いのうえ・はると) 高校生 前橋商高校 投手
5位 山瀬慎之助(やませ・しんのすけ) 高校生 星稜高校 捕手
6位 伊藤海斗(いとう・かいと) 高校生 酒田南高校 外野手


育成選手
1位 平間隼人(ひらま・はやと) 独立リーグ 徳島インディゴソックス 投手
2位 加藤壮太(かとう・そうた) 独立リーグ 埼玉武蔵ヒートベアーズ 外野手


昨年、育成選手を含めて10人中9人が高校生という振り切ったドラフトをした巨人だが、今年も支配下は6人中5人が高校生という未来を見据えたドラフトになった。まあ今年一応リーグ優勝をしたし、昨年取った高校生でも戸郷や山下のように、すでに一軍デビューを果たしている選手がいて一定の成功を収めたから今年も、ということなのかなと思う。唯一高校生でない2位の太田も社会人とはいえ高卒からの社会人なので今年21と若いし、来季の戦力としては考えていないかもしれない。いずれにせよ今年も数年経たないと成功かどうかはわからない。くじ2回外している時点で大成功とは思わないが、堀田も良い投手だと言われているのでじっくり育てて成功と言われるように頑張ってほしい。あと個人的に気になるのは5位の山瀬。阿部が引退する年に捕手の慎之助が入ってくるなんてなあ。捕手は特に出てくるのに時間がかかるポジションだけど、出てこれさえすれば息の長い活躍が期待できる。今の巨人は小林と炭谷が30代前半、大城、岸田、田中など後の6人(育成含む)が20代半ばということで育てる時間は十分ある。小林や炭谷が衰え始めて、岸田あたりが正捕手になるころに二軍の正捕手になれれば。

先ほども書いたが、昨年も高校生中心の指名でいろいろ言われていたが、唯一の大学生だった高橋は1年目から活躍して優勝に貢献したし、ドラフトで下位指名だった戸郷や育成で指名された山下が早くも一軍でプレーするなど、ドラフトの順位や評判はあてにならない。上位で指名された選手には期待通りの、下位で指名された選手には期待以上の活躍をしてくれることを望みたい。まずは全員ちゃんと巨人に入団してくれますように。

タグ:野球 巨人
posted by K at 00:49 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

CSファイナルステージ第3戦・第4戦

第3戦 巨人6-7阪神
3回、梅野のホームランで阪神が先制。しかしその裏、岡本の2点タイムリー、阿部のタイムリーで巨人が3点を取り逆転する。4回には陽のホームランで1点を追加する。5回、高山、梅野のタイムリー、さらに近本の3点タイムリーが出て阪神が一挙5点を取り逆転。その裏、岡本の2ランホームランで巨人が同点とする。9回、大山のホームランで阪神が勝ち越し。このリードを守った阪神が勝利し、対戦成績は巨人の3勝1敗となった。

第4戦 巨人4-1阪神
2回、糸原の犠牲フライで阪神が先制。5回、岡本のホームランで巨人が同点とすると、6回、2アウト3塁から丸がセーフティースクイズを決め、巨人が勝ち越しに成功する。7回にはゲレーロの2ランホームランで2点を追加。このリードを守り切り、巨人が6年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。


先発は第3戦の戸郷が3回1失点、第4戦の高橋が6回途中1失点。戸郷はできればもう少し行ってほしかったところかもしれないが、最低限試合を壊さないピッチングはできた。日本シリーズも先発かどうかはわからないが、出番はあるだろう。高橋も援護がなかなかない中で粘った。こっちは先発の機会があるはず。

中継ぎは第3戦は打たれたが、第4戦は大竹、田口、中川、デラロサで無失点に抑えた。今の中継ぎである程度の信頼があるのはこの4人と、ややギャンブル要素があるが澤村だろうか。この5人で抑えられるイニングまで先発が投げるというのが大事になってくる。

打線は岡本が絶好調。第3戦、第4戦でともにホームランを打ち、CSファイナルステージのMVPに選ばれた。また丸は意表を突くセーフティースクイズで決勝点を挙げた。カギはやはり上位打線。亀井、坂本、丸、岡本で点を取りたい。

6年ぶりの日本シリーズ進出。長かった…。6年前は日本シリーズで負けているので、今度は7年ぶりの日本一を目指す。相手はソフトバンク。パリーグを制した西武に4連勝し日本シリーズに上がってきた。どっちもよく日本シリーズに出ているほうだが、意外と対戦は久しぶりで、あのON対決以来19年ぶり、21世紀に入ってからは初めてとなる。今年の交流戦はソフトバンクが2勝1敗で勝ち越し。巨人は山口の試合で勝ったが、メルセデス、菅野で敗れた。しかもこれは東京ドームでの試合で、日本シリーズは当然ヤフオクドームでも試合をしなければならない。ここ5年で4回日本一になっているソフトバンクはまさしく最強の相手と言えるだろう。巨人は強力な打線で先制して、先発がなんとか6回くらいまで投げて信頼できる中継ぎで逃げ切るというのが勝ちパターンになるだろうか。日本シリーズは19日、ヤフオクドームで開幕する。

タグ:阪神 野球 巨人
posted by K at 19:56 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月11日

2019.09.28およびCSファイナルステージ第1戦・第2戦結果まとめ

9月28日 巨人1-2ヤクルト
投手戦から8回に岡本のタイムリーで先制するが、直後に追いつかれると10回に太田のタイムリーでサヨナラ負け。レギュラーシーズン最終戦は勝利ならず。


10月9日 CSファイナルステージ第1戦 巨人5-2阪神
初回、丸、岡本の連続ホームランで巨人が2点を先制。続く2回には亀井のタイムリー、坂本の2点タイムリーで3点を追加し、5点のリードを奪う。阪神は4回に巨人・山口のワイルドピッチで1点を返すが、その後は山口から点を奪えず。9回、阪神は満塁から押し出し四球で1点を返し、なおも満塁のチャンスが続いたが、最後は田口が抑えてゲームセット。巨人がアドバンテージを含め2勝とした。

10月10日 CSファイナルステージ第2戦 巨人6-0阪神
初回、丸のダブルプレーの間に巨人が先制。4回、ゲレーロの2ランホームランで巨人が2点を追加。5回には丸の犠牲フライ、岡本のタイムリーで2点を追加し、今日も5点のリードを奪う。巨人の先発・メルセデスは7回を無失点に抑える好投を見せる。すると8回には若林のタイムリーでダメ押しの1点を追加。巨人は連勝で、日本シリーズ進出に王手をかけた。


シーズン終盤は打てない試合が多かったことや、相手が連勝を重ねて3位になり、1stステージでDeNAを下し勢いに乗る阪神だったこともあって開幕前は不安も結構あったが、この2試合で不安は消えた。先発は山口・メルセデスともに気持ちの入ったピッチングで好投。打線は核である上位が絶好調。特に亀井がすごい。来年から野手最年長とはとても思えない。中継ぎは初戦のデラロサが不安だったが今日は死球は出したけど立ち直っていたので大丈夫だろう。

これで早くも王手。あと1勝、もしくは1引き分けで日本シリーズ進出が決まる。土曜日は台風が接近するためすでに中止が決まっており、明日敗れると決着が日曜日以降に持ち越されることになる。台風を挟むと流れが変わる恐れもあるし、明日一気に決めてしまいたい。

明日の先発は巨人が戸郷、阪神が青柳。戸郷は高卒ルーキーにしてこの大事な試合の先発に抜擢された。もともとは菅野が投げるとも言われていたが、完全に回復していないため先発を回避。そのため大役が回ってきた。戸郷は優勝を決めた試合でも先発していたし、何か持っている。巨人はもちろん明日決めたいが、決めなきゃいけないわけではない。まだ余裕がある状態なので、戸郷も落ち着いて投げればいい。対する青柳とは今季4度対戦し、1勝1敗、防御率4.05。直近の対戦では4回無失点で、青柳に勝ち負けはつかなかったが試合は阪神が勝利している。上位打線の勢いが続けば明日も点は取れるはず。中継ぎ陣はまだそんなに投げていないし、明日は総動員してでも勝ちをつかみ取りたい。

posted by K at 01:28 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする