2019年10月13日

CSファイナルステージ第3戦・第4戦

第3戦 巨人6-7阪神
3回、梅野のホームランで阪神が先制。しかしその裏、岡本の2点タイムリー、阿部のタイムリーで巨人が3点を取り逆転する。4回には陽のホームランで1点を追加する。5回、高山、梅野のタイムリー、さらに近本の3点タイムリーが出て阪神が一挙5点を取り逆転。その裏、岡本の2ランホームランで巨人が同点とする。9回、大山のホームランで阪神が勝ち越し。このリードを守った阪神が勝利し、対戦成績は巨人の3勝1敗となった。

第4戦 巨人4-1阪神
2回、糸原の犠牲フライで阪神が先制。5回、岡本のホームランで巨人が同点とすると、6回、2アウト3塁から丸がセーフティースクイズを決め、巨人が勝ち越しに成功する。7回にはゲレーロの2ランホームランで2点を追加。このリードを守り切り、巨人が6年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。


先発は第3戦の戸郷が3回1失点、第4戦の高橋が6回途中1失点。戸郷はできればもう少し行ってほしかったところかもしれないが、最低限試合を壊さないピッチングはできた。日本シリーズも先発かどうかはわからないが、出番はあるだろう。高橋も援護がなかなかない中で粘った。こっちは先発の機会があるはず。

中継ぎは第3戦は打たれたが、第4戦は大竹、田口、中川、デラロサで無失点に抑えた。今の中継ぎである程度の信頼があるのはこの4人と、ややギャンブル要素があるが澤村だろうか。この5人で抑えられるイニングまで先発が投げるというのが大事になってくる。

打線は岡本が絶好調。第3戦、第4戦でともにホームランを打ち、CSファイナルステージのMVPに選ばれた。また丸は意表を突くセーフティースクイズで決勝点を挙げた。カギはやはり上位打線。亀井、坂本、丸、岡本で点を取りたい。

6年ぶりの日本シリーズ進出。長かった…。6年前は日本シリーズで負けているので、今度は7年ぶりの日本一を目指す。相手はソフトバンク。パリーグを制した西武に4連勝し日本シリーズに上がってきた。どっちもよく日本シリーズに出ているほうだが、意外と対戦は久しぶりで、あのON対決以来19年ぶり、21世紀に入ってからは初めてとなる。今年の交流戦はソフトバンクが2勝1敗で勝ち越し。巨人は山口の試合で勝ったが、メルセデス、菅野で敗れた。しかもこれは東京ドームでの試合で、日本シリーズは当然ヤフオクドームでも試合をしなければならない。ここ5年で4回日本一になっているソフトバンクはまさしく最強の相手と言えるだろう。巨人は強力な打線で先制して、先発がなんとか6回くらいまで投げて信頼できる中継ぎで逃げ切るというのが勝ちパターンになるだろうか。日本シリーズは19日、ヤフオクドームで開幕する。

タグ:阪神 野球 巨人
posted by K at 19:56 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする