2019年10月19日

2019日本シリーズ第1戦 巨人2-7ソフトバンク

2回、阿部のホームランで巨人が先制。しかしその裏、グラシアルの2ランホームランでソフトバンクが逆転する。その後はしばらく試合が動かなかったが、6回、中村の犠牲フライでソフトバンクが1点を追加する。7回には牧原の2点タイムリー、柳田のタイムリー、福田の内野ゴロの間の1点で計4点を挙げる。巨人は9回、大城のホームランで1点を返すが差は大きく、これでゲームセット。初戦はソフトバンクが制した。

先発の山口は6回3失点。逆転ホームランを打たれた後も粘ってはいたが、6回に痛恨の1点を失った。連続四死球が非常に痛かった。それでも最低限試合は作ったが、味方の援護がなかった。

打線も2本のソロホームランの2点のみ。阿部のホームランで勢いがつくかと思ったのだが、その後は千賀を打てなかった。岡本までの上位4人で坂本の1安打しかなかったのは明日以降に向けても不安が残る。

今日に関しては先発も中継ぎも打線もすべてでソフトバンクのほうが上だった。そして中継ぎに関しては明日以降もソフトバンクのほうが上なのは変わらないだろう。なので残る先発と打線でソフトバンクを上回らなければいけない。特に打線は早々に調子を取り戻したい。

明日の先発は巨人がメルセデス、ソフトバンクが高橋礼。

posted by K at 22:49 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする