2020年01月25日

令和2年初場所 14日目●竜電

14日目 ●御嶽海(寄り切り)竜電○

立ち合いから、御嶽海は竜電の喉元を押して突き放していこうとする。しかしなかなか竜電を押し込めない。竜電が左に回り込み、素早く左上手を取って優位に立つと、右でもまわしを取ってそのまま寄り切り。御嶽海は3連敗で7勝7敗となり、千秋楽に勝ち越しをかけることになった。

どうも動けていない。良い時の御嶽海であれば、竜電が左に動いたときに素早く反応して逆に攻め込むこともできるはずだが、今日はそのまま竜電に持っていかれてしまった。膝が悪いのか、あるいは気持ちのほうに迷いが出ているか。


明日の対戦相手の前に優勝争いに目を向けると、優勝争いを大きく左右する正代と徳勝龍の1敗同士による直接対決は突き落としで徳勝龍が勝利した。また、残りをすべて勝つことが優勝の条件だった貴景勝は朝乃山に敗れ、優勝争いから脱落。これにより、1敗の徳勝龍が優勝に王手、2敗の正代が追うという形で、優勝はこの2人に絞られた。どちらが勝っても初優勝、かつ平幕優勝となり、徳勝龍が優勝した場合は2000年春場所の貴闘力以来2人目の幕尻優勝となる。徳勝龍が勝つか正代が敗れれば徳勝龍の優勝、徳勝龍が敗れて正代が勝つと2人の優勝決定戦となる。そこで非常に大事になるのが明日の対戦相手だが、徳勝龍は結びの一番で貴景勝と当たることになった。両横綱が休場しているため貴景勝は出場している力士の中で番付最上位であり、千秋楽の結びに最上位と最下位の取組が組まれるという極めて異例の展開になった。過去に2度対戦しており、1勝1敗。ただ直近の対戦が3年前なので参考にはならないだろう。そして正代の相手は、御嶽海となった。

ということで御嶽海は、千秋楽に優勝争いをする正代との対戦が組まれてしまった。確かに番付は近いもののまだ組まれていなかったが、正代の相手としては上位ならすでに勝ち越している遠藤がいるし、下位なら10勝している竜電もいるという中で、御嶽海と組むとは思わなかった。過去の対戦は9勝9敗(幕内では9勝7敗)で、直近の対戦である秋場所は押し出しで御嶽海が勝利した。今場所の状態を考えれば圧倒的に正代有利だが、御嶽海はなぜかこういう時にやたら強い。先場所も優勝争いをしていた朝乃山に勝ったし。また正代にも絶対負けられないというプレッシャーがかかるので、今場所の成績を見てもわからない。優勝争いという点では正代にも勝ってほしいが、やはり御嶽海には勝ち越してほしい。空気を読むタイプではないので全力で行くだろう。どんな結果になるだろうか。

過去の対戦 ※直近10戦
29名 ○御嶽海(下手出し投げ)正代●
29秋 ○御嶽海(叩き込み)正代●
30初 ●御嶽海(押し出し)正代○
30春 ●御嶽海(下手投げ)正代○
30夏 ●御嶽海(掬い投げ)正代○
30名 ○御嶽海(押し出し)正代●
30秋 ○御嶽海(押し出し)正代●
30九 ●御嶽海(押し出し)正代○
元名 ○御嶽海(押し出し)正代●
元秋 ○御嶽海(押し出し)正代●
タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 23:34 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

令和2年初場所 12日目●松鳳山 13日目●北勝富士

12日目 ●御嶽海(送り出し)松鳳山○

立ち合い、松鳳山が張ってもろ差しの形になる。御嶽海は巻き替えようとするも松鳳山はそれを許さず。御嶽海は首投げに行くが、松鳳山はこれもこらえ、後ろ向きになった御嶽海を最後は送り出し。御嶽海は5敗目となった。


13日目 ●御嶽海(寄り切り)北勝富士○

立ち合いは互角。しかし北勝富士が下から徐々に押し込む。左上手を取った北勝富士がさらに寄り、御嶽海の反撃を許さず寄り切り。御嶽海は何もできず6敗目となった。


2日間とも完敗。自分の形を作れず、相手の攻めの前に苦し紛れの投げを打つのが精いっぱいという感じだった。13日目の取組後は膝を気にしており、状態が良くないのだろうと思う。ただあと1つで勝ち越しなので、せめて勝ち越しだけはしておきたい。

14日目の相手は竜電。過去の対戦は1勝4敗で、先場所は寄り切りで竜電が勝利した。今場所西8枚目の竜電はここまで9勝4敗とすでに勝ち越しを決めている。御嶽海にとっては対戦成績が悪く、非常に嫌な相手が組まれた。そもそも組むと相性が悪いが、今の膝の状態を考えると長期戦は厳しい。立ち合いで突き放して一気に決められれば理想的だが、今場所はそれができていない。今場所一の集中力で臨みたい。

過去の対戦
30九 ●御嶽海(寄り切り)竜電○
元夏 ●御嶽海(押し出し)竜電○
元名 ○御嶽海(押し出し)竜電●
元秋 ●御嶽海(押し出し)竜電○
元九 ●御嶽海(寄り切り)竜電○


優勝争いは、正代、徳勝龍の1敗2人が勝ち続け、2敗で貴景勝が追う展開。そして14日目に正代と徳勝龍の直接対決が組まれたため、優勝はこの3人に絞られた。貴景勝が優勝するには、本割を連勝し、さらに1敗の2人が2敗に落ちたうえで決定戦に勝つ必要がある。徳勝龍は幕尻だが、ここまで優勝争いに残っていることを考えると、千秋楽で貴景勝戦が組まれる可能性は十分にあるだろう。貴景勝が2度目の優勝で来場所綱とりとなるか、正代が初優勝で大関候補に名乗りを上げるか、それとも徳勝龍が史上2度目の幕尻優勝となるか。まずは14日目の結果に注目。

そしてもう一つ、12日目に豪栄道が8敗目を喫し、5年半務めた大関からの陥落が決まった。来場所10勝すれば大関復帰となる。豪栄道は昨年春場所に12勝、秋場所に10勝しているので、万全であれば可能性はあるが、今場所同じく大関復帰を狙った高安もできなかったように、万全にするのも簡単ではない。年齢や体の状態を考えると、来場所戻れなければ大関復帰は非常に厳しくなる。来場所に向けて状態を上げられるか。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 15:51 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする