2020年01月27日

令和2年初場所 千秋楽●正代

千秋楽 ●御嶽海(押し出し)正代○

立ち合い、前まわしを取りに行った御嶽海に対し、正代は一気に前に出る。御嶽海は土俵際で粘り、回り込んで突き落とそうとするが、正代が前のめりになりながら気合で押し出し。正代はこの時点で優勝に望みをつなぐ13勝目、御嶽海は2場所連続の負け越しとなった。

どっちも負けられない一番だったが、気迫で完全に正代が勝っていた。御嶽海は前まわしを取って正代の勢いを止めるつもりだったのかなと思うが、今の両者の状態の差で正代がそのまま持っていった感じ。

御嶽海は7勝8敗で2場所連続の負け越しとなった。2場所連続の負け越しは自身初となる。正代、北勝富士など同世代で学生相撲でも一緒だったライバルが活躍する中で今場所は取り残される形になった。今場所の状況を考えても、世代交代の波は確実に大きくなっている。少し前までは先頭に立っていたはずなのに、このままでは置いていかれてしまう。ここが正念場だ。もう一度這い上がってほしい。個人的には、徹底的に突き押しにこだわってほしい。御嶽海は割と器用なのでいろいろできるが、それが逆に決め手を欠く感じになっているような気がする。貴景勝はほんとに突き押しだけだけどあれだけ活躍しているし、朝乃山も自分の型を持っているから勝てている。御嶽海も元のスタイルである突き押しをもう一度磨くべきなのではないだろうか。


正代が勝ったことで優勝争いは結びの一番まで持ち越された。徳勝龍が勝てば優勝、貴景勝が勝てば決定戦となる一番だったが、徳勝龍が寄り切りで貴景勝を破り、貴闘力以来20年ぶり、史上2度目の幕尻優勝を決めた。終盤は逆転の突き落としが多かったが、貴景勝戦は堂々と寄り切ったし、優勝争いしていた正代と今場所一番番付が上だった貴景勝を破っての優勝は文句なしだろう。

このところは初優勝の力士も多く出ている(ちなみに初場所は5年連続で初優勝力士だったりする)が、その多くは力を伸ばしている若手(例:朝乃山、貴景勝)か、上位常連のベテラン(例:栃ノ心、玉鷲)だった。また前回幕尻優勝を成し遂げた貴闘力も三役経験が豊富だった。徳勝龍は33歳のベテランで、最高位は西4枚目。このところは十両で相撲を取ることが多く、今場所は返り入幕の場所だった。史上最大の下克上と言っていいだろう。素晴らしい優勝だった。

来場所の注目は、まずは朝乃山。先場所が小結で11勝、今場所が関脇で10勝ということで、来場所は大関取りの場所になる。基準の33勝には12勝が必要で、12勝すればほぼ間違いなく大関に上がれると思う。来場所は大関が貴景勝1人のみになるという事情も考えると、あるいは基準が下がる可能性もある。それでも10勝は最低限必要だろう。チャンスをものにしてほしい。また今場所活躍した徳勝龍や正代が来場所も活躍するか注目。今場所休場した両横綱が復活するかもポイント。特に鶴竜は3場所連続で休場しており、来場所はそれなりの成績を求められるだろう。

最後に、今場所5勝10敗で2場所連続の負け越しとなり、関脇に落ちることになった豪栄道。来場所10勝すれば大関復帰となるはずだったが、引退の意向を固めたという報道が出た。最近は大関から落ちても現役を続ける力士が多かったので、豪栄道も来場所は相撲を取って、もし復帰できなければひょっとすると…とは思っていたが、このタイミングで引退とは。横綱には上がれなかったが、全勝優勝もしたし、モンゴル勢が全盛の中で日本人大関としてよく頑張ったと思う。お疲れさまでした。
タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:04 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする