2020年03月12日

令和2年春場所 5日目○貴景勝

5日目 ○御嶽海(寄り切り)貴景勝●

立ち合い、頭から当たった貴景勝に対し、御嶽海は受け止めてもろ差しの形になる。貴景勝はすぐに右を巻き替えるが、御嶽海はおっつけで差させず、一気に前に出てそのまま寄り切り。大関に反撃を許さず、御嶽海は昨年初場所以来となる初日からの5連勝で序盤戦を終えた。

今日は突き押しではなくもろ差しを狙っていったが、立ち合いでうまくその形になることができた。貴景勝はとにかく突き放していきたいタイプなので、最初でその勢いを止められたのが良かった。そこからの攻めの速さは素晴らしかった。

序盤戦を終えて無傷の5連勝。結果はもちろんだが内容がとにかくいい。前に出る相撲がちゃんとできている。これが続けられれば10勝どころか優勝だって夢ではないが、過去の御嶽海はこれが続けられなかった。過去に初日から5連勝した場所は4度あるが、10勝以上したのは優勝した一昨年の名古屋場所だけで、あとは8勝、9勝に終わっている。これまでと違うところを見せてほしい。

明日の相手は朝乃山。過去の対戦は3勝2敗で、先場所は寄り切りで朝乃山が勝利した。今場所大関獲りに挑んでいる朝乃山はここまで5連勝と絶好の滑り出しを見せている。初日からの5連勝は優勝した昨年夏場所以来となっている。ただ、目安の33勝には12勝が必要なので、まだ星を落としたくないところだろう。御嶽海にとっては今場所初めて四つ相撲を主とする力士が相手になるが、もろ差しよりは突き押しでいってほしいかなと思う。5連勝同士で今場所の優勝争いにも関わってきそうな一番、ぜひ制してほしい。

過去の対戦
元夏 ○御嶽海(寄り切り)朝乃山●
元名 ○御嶽海(押し出し)朝乃山●
元秋 ●御嶽海(押し出し)朝乃山○
元九 ○御嶽海(寄り切り)朝乃山●
2初 ●御嶽海(寄り切り)朝乃山○


序盤戦を終えて、全勝は御嶽海と朝乃山のほか、横綱・白鵬と碧山の4人。上位では鶴竜は1敗でついていっているが、貴景勝は2勝3敗とまさかの黒星先行となっている。まずは明日の御嶽海と朝乃山の直接対決が、今後の優勝争いに関わる一番になりそうだ。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 21:39 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする