2020年06月23日

2020.06.19〜22 巨人−阪神まとめ

19日 巨人3-2阪神

先発は巨人が菅野、阪神が西。3回、その西がプロ入り初となるホームランを打ち、阪神が先制する。4回、中島のタイムリーで巨人が同点とするが、直後の5回、西が今度はタイムリーを打ち阪神が勝ち越す。巨人は西を打ち崩せなかったが、西降板後の7回にチャンスを作り、吉川尚が逆転の2ランホームラン。このリードを中川、デラロサのリレーで守り、巨人が開幕戦勝利。同時にプロ野球史上初となる通算6000勝を達成した。


20日 巨人11-1阪神

先発は巨人が田口、阪神が岩貞。初回、丸の内野ゴロの間に巨人が1点を先制する。4回、原口のホームランで阪神が同点とするが、その裏、岡本のタイムリーと押し出し四球で巨人が2点を勝ち越す。その後はしばらく試合が動かなかったが、7回、坂本のタイムリーで巨人が追加点を挙げると、そこから岡本のタイムリー、押し出し四球、陽の2点タイムリー、そしてパーラの来日初ホームランとなる3ランが出てこの回8点のビッグイニング。巨人が連勝となった。


21日 巨人7-1阪神

先発は巨人がサンチェス、阪神がガルシア。初回、近本の先頭打者ホームランで阪神が先制。しかし4回、岡本の2ランホームランで巨人が逆転。さらにパーラ、北村、坂本のタイムリーで3点を追加する。続く5回にはパーラの2試合連続となる2ランホームランで2点を追加。このリードを守り切った巨人が開幕カード3連勝。阪神との開幕カードを3連勝するのは史上初となった。


ということで開幕3連勝、すべて先発に勝ちがつき打線もつながるという最高のスタートを切った。先発陣は菅野が7回2失点、田口が5回1失点、サンチェスが6回途中1失点。菅野はピッチャーの西だけに打たれるというよくわからない感じになったが野手は抑えたし、田口とサンチェスはどっちもソロホームランのみに抑えたので上々だろう。中継ぎ陣も開幕からさっそくフル回転となったが、2試合連続で満塁のピンチを抑えた高木を始め全員が無失点の見事なピッチングを見せた。まあビエイラはランナー溜めただけだったけども…。

打線は開幕戦は西に苦しんだが戻ってきた吉川の一撃で逆転すると、2試合目からは打線もつながった。特に目立ったのは岡本と新外国人のパーラ。パーラは果たしてどれくらい打てるのかと思っていたが、この3連戦は大活躍だった。この調子でいってほしい。また3試合目は3年目の湯浅が1番に抜擢。湯浅はノーヒットだったものの、代打で出てきた同じく3年目の北村がプロ初安打初打点を記録するなど若手の活躍も見えた。

心配な点としては、小林が3試合目で2打席連続の死球を受けて途中交代。その後骨折が判明し離脱となった。今年も正捕手の一人として期待されていた小林が早くも離脱となるのは痛い。基本は炭谷と大城の併用になると思うが、代わりに上がってきた岸田の出番もあるかもしれない。ちなみに岸田も3年目。今季は3年目の選手たちが飛躍する年になるのか。


火曜日からは広島との3連戦。交流戦がない今季、ここ数年大の苦手としている広島戦が優勝に向けて非常に重要となる。まずは東京ドームでしっかり勝ち越したいところだ。

タグ:巨人 阪神 野球
posted by K at 21:02 | Comment(0) | 巨人2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月18日

2020プロ野球順位予想

プロ野球は明日、いよいよ開幕を迎える。今年は新型コロナウイルスの影響で開幕が延期となり、2か月以上遅れての開幕となる。それに伴っていろいろルールも変更している。

・試合数は120試合(交流戦は行わない)
・CSはセリーグは無し、パリーグは1位と2位のみ
・試合は10回までで終了
・出場選手登録は31名まで、ベンチ入りは26名まで
・外国人選手は5人まで出場選手登録可(ベンチ入りは4名まで)


セリーグはとにかく優勝しなくてはいけない。近年は交流戦の結果がシーズンの順位に影響することが多いが、その交流戦がない今季はどうなるだろうか。試合数が減り、10回までで終わるため引き分けも増えると思われるため、例年より接戦になる可能性が高い。一方で、試合数が減るとはいえ日程は逆に過密になるので、拡大した一軍枠、外国人枠をうまく使いこなせるかがカギになるだろう。

ということで今期の予想。

セリーグ
巨人
広島
中日
DeNA
阪神
ヤクルト

パリーグ
西武
ソフトバンク
ロッテ
日本ハム
楽天
オリックス


正直かなり適当に予想した。ただ日程が過密になるので、やはり投手陣が重要になってくるとは思う。巨人やソフトバンクはなんだかんだ言っても層が厚いと思うので上位に来るだろう。そんな中で西武をパリーグ優勝にしたのはとにかく打線の強さ。秋山が抜けてもまだ強く、練習試合は圧倒的な成績を残した。投手陣には不安があるかもしれないが、何度も言うが過密日程になるため、どこのチームも投手陣の負担は大きくなる。そうなるとかえって投手力の差は縮まって、打撃陣の差で勝ってしまうのではないかと予想した。

とにかく、待ちに待った開幕。ここから半年近くあるシーズンで、新たにコロナウイルスに感染する選手や首脳陣も出るかもしれないが、なんとか無事にシーズンを走り抜けてほしいと思う。

タグ:野球 巨人
posted by K at 22:42 | Comment(0) | 巨人2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする